”社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~ 強調月間

”社会を明るくする運動はすべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更正について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動です。

この運動は、今年で68回を迎え、毎年「更正保護の日」である71日からの1カ月間を強調月間として、全国各地でさまざまな活動が展開されます。一関市でも集会や各種行事、街頭啓発活動を各地域で実施します。                                                             

今年度は下記5項目を重点事項としています

 (1) 出所者等の事情を理解した上で雇用する企業の数を増やすこと

 (2) 帰るべき場所がないまま、刑務所から社会に戻る人の数を減らすこと

 (3) 薬物依存からの回復と社会復帰を長期的に支える地域の環境をつくること

 (4) 犯罪をした高齢者・障害者等が、社会復帰に必要な支援を受けられる環境を作ること

 (5) 非行少年等が学びを継続できる環境を作ること

犯罪や非行のない、安全で安心、明るい地域づくりに、一人ひとりが考え、ご理解とご協力をお願いいたします。