現在、子宮頸がん予防ワクチン予防接種を積極的にはお勧めしていません。

接種を検討中、または既に開始されている方は有効性とリスクを理解し判断を!

平成25年4月1日から子宮頸がん予防ワクチンは、定期予防接種となっています。

しかし、平成25年6月14日に厚生労働省から、「ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛(いたみ)がワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない」との勧告がなされました。

  • 現在、当市としても子宮頸がん予防ワクチン予防接種の積極的な勧奨を差控えております。
  • ただし、子宮頸がん予防ワクチン予防接種を中止するものではありません。
  • 中学校1年生から高校1年生相当の方でワクチンの接種を希望する場合は、下記リーフレット等を参考にワクチン接種の有効性及び安全性などについて、十分理解した上で接種するかを判断してください。

なお、対象者のうち、接種を希望する場合は、子育て支援課(一関保健センター内)または各支所保健福祉課窓口に母子健康手帳および本人確認できるもの(健康保険証等)を持参してください。

予防接種予診票兼接種券は、子育て支援課(一関保健センター内)または各支所保健福祉課窓口で交付します。ただし、既に予防接種予診票兼接種券がお手元にある方は、交付済の予防接種予診票兼接種券をご使用ください。

ワクチンは、下記の2種類あります。どちらかを選び、同一のワクチンを3回続けて接種してください。

種類   サーバリックス ガーダシル
特徴   子宮頸がんなどの原因となるHPV16・18型などの「高リスク型」の2価ワクチン 左記に加え、尖圭コンジローマ等の原因となるHPV6・11型等の「低リスク型」などの4価ワクチン
標準的な接種間隔 1回目    初回接種 初回接種
2回目 初回接種から1か月の間隔をおいて接種

初回接種から2か月の間隔をおいて接種

3回目 初回接種から6か月の間隔をおいて接種 初回接種から6か月の間隔をおいて接種
接種間隔(標準的な接種間隔で接種できない場合) 1回目 初回接種 初回接種
2回目 初回接種から1か月以上の間隔をおいて接種する 初回接種から1か月以上の間隔をおいて接種する
3回目

初回接種から5か月以上、かつ

2回目接種から2か月半以上の間隔をおいて接種

初回接種から3か月以上の間隔をおいて接種
備考 「1か月の間隔をおく」等の解釈:1か月とは翌月の前日までとなります。

1か月を置いた日の数え方の例

  • 「1月15日」に接種した場合、「2月15日」を指します。
  • 「1月31日」に接種した場合、翌月には同日が存在しないので翌月の最終日に1か月が経過したと考えます。1か月を置いた日は「3月1日」を指します。

「2か月半」の解釈:当該月が何日で終わるかで次のとおりとなります。

  • 28日で終わる月:14日
  • 29日で終わる月:15日
  • 30日で終わる月:15日
  • 31日で終わる月:16日

2か月半以上の間隔を置いた日の数え方の例

  • 「4月1日」に接種した場合、「6月16日以降」を指します(6月は30日で終わるため)。

※接種間隔の数え方など、ご不明な点は子育て支援課へお問い合わせください。

平成29年度個別予防接種実施医療機関(一関地域) [114KB pdfファイル] 

平成29年度個別予防接種実施医療機関(花泉・大東・千厩・東山・室根・川崎藤沢地域・県内・県外) [133KB pdfファイル] 

厚生労働省ホームページで、子宮頸がん予防ワクチンに関する情報をご案内しています。

↓ 

www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/

ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)(健康局長通知) [69KB pdfファイル] 

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さんへ(厚生労働省リーフレット)【平成25年6月版】 [255KB pdfファイル] 

子宮頸がん予防ワクチンを受けるみなさんへ(厚生労働省リーフレット)【平成26年9月版】 [2809KB pdfファイル] 

子宮頸がん予防ワクチンを受けるお子様の保護者の方へ(厚生労働省リーフレット)【平成26年7月版】 [2186KB pdfファイル] 

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関(平成28年11月17日現在) [1929KB pdfファイル] 

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口一覧(平成28年6月1日現在) [595KB pdfファイル]