一関市ではおたふくかぜ予防接種費用の一部の助成を行っています。

目的

おたふくかぜはムンプスウイルスによる全身感染症で、重症になると無菌性髄膜炎、難聴になる可能性があります。一関市では、その発生や重症化を予防するとともに、流行防止や医療費の抑制、保護者の軽減(休業や接種費用)を目的に、おたふくかぜ予防接種費用の一部を助成します。

助成対象期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

対象者

接種日現在市内に住所を有し、次に該当する人で接種を希望する人

  1. 接種日現在1歳~2歳未満の人

※ただし、おたふくかぜに罹ったことがある方や、おたふくかぜワクチン予防接種を受けたことがある方は対象となりません。

予防接種の受け方

実施医療機関に必ず予約をし、医療機関から配布される説明書をよく読み、医療機関にある予診票兼接種券に必要事項を記入して接種を受けてください。

持参する物

母子健康手帳、本人確認ができる物(健康保険証など)、全額助成対象者証明書(郵送された方のみ)

公費負担額(助成額)

おたふくかぜ予防接種は任意の予防接種ですので、料金は各医療機関で異なります医療機関の料金から市の助成額を引いた額は、個人負担となりますので、医療機関にお支払ください。

なお、市の助成額は次のとおりです。

  • おたふくかぜワクチン(乾燥弱毒生ワクチン) 4000円
  • 助成対象期間中に1人1回の助成

※生活保護世帯及び市民税非課税世帯に属する対象者へは誕生日の前月に「全額助成対象者証明書」が郵送されており、その方へは市が全額助成いたします。忘れずに、「全額助成対象者証明書」を医療機関へ提出してください。

実施医療機関

必ず医療機関予約してください。

おたふくかぜ実施医療機関 [85KB pdfファイル] 

実施時間や休診日などは、医療機関へ直接お問い合わせください。

 

お問い合わせ

子育て支援課母子保健係  電話番号0191-21-5409