事業内容

一般不妊治療を受けた夫婦に対し、経済的な負担を軽減するため、その治療費の一部を助成します。

対象者・条件

法律上で婚姻関係にある夫婦で、次の条件を満たしている方。
◎一関市に住所を有する方。
◎夫婦の前年の所得が730万円未満であること。
◎夫および妻が医療保険各法に基づく被保険者、組合員、または被扶養者である方

助成内容

◎夫婦の一組に対して1年度あたり10万円限度
◎助成回数については制限なし(ただし限度額に達するまで)
◎助成期間は連続した2年間

対象経費、検査、治療内容について

平成28年4月1日以降に検査、治療した下記のものが該当になります。

 ◎対象経費は医師が必要と認めた不妊検査、タイミング法、薬物療法、人工授精などの一般不妊治療
【主な検査】ホルモン検査、超音波検査、子宮卵管造影検査、頸管粘液検査、通気・通水検査、子宮鏡検査、抗精子抗体検査、一般精液検査、精巣検査、ハムスターテスト、腹腔鏡検査、染色体検査など
【一般不妊治療の主なもの】タイミング指導、薬物療法、手術療法、人工授精など
 
【助成対象とならないもの】
◎体外受精、顕微授精などの特定不妊治療にかかる医療費(特定不妊治療費助成の対象となります。
◎男性特定不妊治療(TESE治療、MESA治療)にかかる医療費(男性特定不妊治療費助成の対象となります。)
◎医師の処方によらない薬剤費用

申請書類について

◎申請書類については子育て支援課(一関保健センター内)又は各支所保健福祉課

申請手続きについて

申請窓口:子育て支援課又は各支所保健福祉課
申請期限:治療が終了した日の翌日から起算して3か月以内
必要書類:(1)一般不妊治療費助成金交付申請
     (2)一般不妊治療医療機関受診等証明書(医療機関で記入していただきます。有料)※文書料につきましては経費の対象とはなりません。
     (3)法律上の婚姻関係にあることを証明する書類(住民票で確認できる場合は省略可)
     (4)夫及び妻それぞれの住所を確認できる書類(住民票)
     (5)夫及び妻の所得証明書
     (6)医療機関が発行した不妊治療に要した費用にかかる領収書
     (7)一般不妊治療費助成金請求書
     ※印鑑をご持参下さい。
 
 担当 子育て支援課母子保健係 0191-21-5409