平成29年度「岩手県食の匠」に千葉安子さんが認定されました

川崎から新たな「食の匠」が誕生!ツルクビ料理の伝承に力を入れる!!

平成29年度「食の匠」に川崎町薄衣の千葉安子(やすこ)さんが認定され、市長へ報告のために12月19日市役所を訪れました。
県が、地域で長年培われてきた郷土食などに関する優れた知識と技術を持つ人を認定する「食の匠」制度。
本年度は8人が新たに認定されました。

千葉さんが作るのは川崎町在来のさといも「ツルクビ」を使った「ツルクビのいものこ汁」。
ぬめりと舌触りの良さが特徴のツルクビを地元食材あかしば豆腐と一緒に調理した自慢の一品です。
千葉さんは「認定はうれしいと同時に伝承する責任を感じました。学校給食などで子供たちに食べてもらうなどし、ツルクビ料理を広く知ってもらいたい」と力を込めて語りました。

 認定証を手に市長と記念撮影する千葉安子さん

 ツルクビ料理の代表「芋の子汁」。地元の赤柴とうふも美味さに一役