平成20年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震に合わせ、地震がおこったときの対応を考えるため、「いちのせきシェイクアウト訓練」を実施します。

この訓練は、場所や天候を選ばす、どこでも誰でも参加できる訓練です。地震で激しい揺れに襲われ、何かが落下してくる場合に備えます。
市民の皆さんは、この時刻にいる場所で、それぞれ訓練に参加いただきますようお願いいたします。

1 日  時

平成30年6月14日(木) 午前8時43分(地震発生時刻)

2 場  所

市内全域(自宅、学校、職場など、訓練実施時に各々がいる場所で実施)

3 参加対象

市民および企業等、市内の参加できる全ての人

4 内  容

市内で震度6弱の揺れが発生した想定で、市内一斉にそれぞれの場所で3つの安全行動(まずひくく、あたまをまもり、うごかない)をとる訓練を行います。

その後、周囲の落下危険の確認や災害時の集合・避難場所の確認など災害への備えを確認します。

5 そ の 他

屋外広報マスト、FMあすも、藤沢告知放送により訓練開始を伝達します。

 

●あなたは身を守る心の準備はできていますか。

地震がおこったときに、あなたはどこにいるかわかりません。家、職場、学校または旅行中かもしれません。

激しい揺れに襲われるまで、または何かが落下してくるまで、数秒の猶予しかないかもしれません。

いざという時に備えておくためには、日頃の訓練が必要不可欠です。

 

・室内にいる時に地震がおこったら

その場で「まず低く、頭を守り、動かない」を実践しましょう。

固定されたデスクやテーブルの下に入り、頭を守りましょう、頭を守るものがない場合は、腕や荷物を使って、頭を守りましょう。

そして揺れが止まるまで動かずじっとしていましょう。揺れがおさまり屋外に出ても大丈夫だと判断するまで室内に留まっておきましょう。

・外出中に地震がおこったら

まず、建物、木、電柱や電線から離れた場所を探しましょう。そこで「まず低く、頭を守り、動かない」を実践しましょう。揺れが止まるまでそこに留まりましょう。

 

・車の運転中に地震がおこったら

周りに何もない場所に停車し、シートベルトを締めたまま地震が終わるまでそこで停止しましょう。

 

●6月14日(木)8時43分 訓練開始(屋外広報マスト、FMあすも、藤沢告知放送)

 

訓練、訓練、地震発生!
ただちに身を守る行動を取ってください。

訓練、訓練、地震発生!
ただちに身を守る行動を取ってください。

訓練、訓練、地震発生!
ただちに身を守る行動を取ってください。

まず(姿勢を)低く 頭を守り 動かない
これが基本の行動です。

               提供 効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議

●地震がおきる前に、一度まわりを見渡してみましょう

 地震のゆれ自体でケガすることはめったにありません。地震による死傷例の大半は家屋の倒壊や、ガラスの破片や落下物が原因です。

 安全な場所へ避難しようと長距離を移動することによりケガする例がもっとも多く、避難をする際の移動距離を最小限に留めることがとても重要です。

 家、職場、学校などの屋内で、どこが安全な場所かを確認しましょう、そうすれば、いざ地震がおこったときに素早く行動できます。

 いざという時に素早く安全な場所へ移動できれば、命が救われるかもしれません。

●訓練の後は

「周囲の落下危険の確認、家具等の転倒防止、災害時の集合・避難場所の確認」等を実施して、安全確保に活かしましょう。

例えば、

・地域の自主防災組織等が実施する訓練に参加する
・家族の集合場所や避難経路、避難場所の確認する
・非常持ち出し品を確認する(非常食、日用品等)
・備蓄品の内容や期限切れ等がないか確認する
・家具や棚等の転倒防止、配置等を確認する
・ガスの元栓の締め方、ブレーカーの落とし方を確認する
・災害用伝言サービスの使い方を確認する
・災害がおきたとき、行政からの情報収集手段を確認する

 等です。

 岩手・宮城内陸地震や東日本大震災を思い出して、家族、職場や学校などで防災について話し合い、災害への備えを確認しましょう。