この演習は、カスリン・アイオン台風から70年の節目として、水防関係者の士気の高揚と水防技術の向上及び防災関係各機関相互の連携の確立、水防体制の充実を図るとともに、水防に対する地域住民の理解を深め、広く協力を求めることにより、水害の未然防止または軽減に資することを目的として開催します。

 水防関係機関による演習として、水防隊による水防工法や岩手県防災航空隊による救助救出訓練、一関市婦人消防協力隊連絡協議会による応急給食訓練が行われます。
 また、住民参加型訓練として、消防・自衛隊車両等展示、水害体験者の証言に基づく紙芝居、いちのせきメールの登録及び説明、非常食試食、応急手当、重機乗車体験、はしご車搭乗体験、防火衣試着体験、アナウンス体験、地震体験、災害疑似体験などの各種コーナーを準備しております。
今回の開催にあたり、岩手県イメージキャラクター「わんこきょうだい」との交流(写真撮影など)も予定しておりますので、皆さまのご参加をお待ちしております。

 日時

平成30年7月1日(日)午前9時から午後2時

会場

一関市磐井川河川緑地公園(磐井川左岸、上の橋下流河川敷)
 
演習に際して
消防用サイレンを鳴らします
水防演習実施のため、当日午前8時、市内一斉にサイレンを鳴らしますので、火災と間違えないようご注意ください。
 
岩手県防災ヘリコプターが飛来します(午前11時35分頃)
 付近の皆様には騒音などでご迷惑をおかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。
問い合わせ先

北上川上流両磐地区合同水防演習実行委員会

(消防本部内 消防課) TEL25-0119(内線232)