一関市立南小学校

学校の外観の写真

目次

学校紹介…教育目標、児童数、沿革等について紹介します。
教育活動…各種行事や学校生活の様子をお知らせします。
お知らせ…校報「南の風」を掲載します。 (PDF)
行事予定…今年度の年間行事予定を掲載しています。(PDF)
まなびフェスト…今年度版の「まなびフェスト」です。(PDF)
いじめ防止基本方針…本校のいじめ防止のための活動指針です。(PDF)

学校紹介

教育目標、児童数、沿革等について紹介します。

1 教育目標
たくましく生き 郷土と国際社会の未来を創造できる 知・徳・体の調和のとれた 人間性豊かな児童の育成を目指す。

1.明るく思いやりのある子ども ≪あかるく≫
2.進んで学びよく考える子ども ≪かしこく≫
3.強い体で実行力のある子ども ≪たくましく≫

2 特色ある教育活動
「目に見える姿を変え、目に見えない力を育てよう」
1.基礎基本の確実な定着と表現力を育てる指導の工夫
2.児童会行事・学校行事の活性化と思いやる心を育てる全校縦割り活動
3.協力する心や態度を育む学年集会活動
4.図書館有効活用をとおした豊かな言葉を育てる教育活動の推進
5.吹奏楽、陸上、水泳等、興味や能力に沿った創造的活動の取組
6.三あ運動プラス1(あいさつ、安全、後始末、歩いて登下校)の実践
7.中学校と連携したキャリア教育、ノーメディアデーの取組
8.みんなで支える南小学校、学校支援地域本部事業の推進
9.思いやりの心を育むボランティア活動、人権の花栽培
10.いきる、かかわる、そなえるに対応した復興教育の実践

3 児童数・学級数

学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 支援学級(知2 情1)

38

30 33 38 40 46 15 240
36 31 31 42 43 38 3 224
74 61 64 80 83 84 18 464
学級数  3 2 2 3 3 3 3  19
※ 平成29年4月 1日現在


4 沿革
昭和32年10月 真柴小学校区、萩荘小学校区、一関小学校区を合併する形で現在地に開校
昭和34年 6つの民区を加える。
昭和43年 4つの民区を加える。(現在の南小学区の完成)
平成11年 屋内運動場と校舎完成
平成13年 吸川親水ゾーン「すいすい公園」完成
 平成14年 第45回国語教育研究協議会一関大会主会場
平成22年 一関市教育研究会指定学校公開
平成24年 岩手県教育センター「キャリア教育」実践発表
平成26年~27年 一関市教育委員会指定「ことばの力を育む教育」研究実践

平成28年4月

「子どもの読書活動優秀実践校」にて文部科学大臣賞受賞



5 校歌・校章
南小学校校歌( 作詞 勝 承夫・ 作曲 橋本 秀次)
一、
肩組合わせてかこんでいるよ
機織山もやさしく清く
光集まるこの庭は
希望もえたつ子どもの世界
南校は明るいな
いつも元気にのびゆくわれら

二、
緑の梢に歌いにくるよ
小鳥のむれも
平和の春を
夢もゆたかに大らかに
自主の校風みんなで築く
南校は明るいな
明日の日本に飛びたつわれら

三、
雪にも風にも勇んでいくよ
磐井の水もたゆまず進む
そろう心のこの窓を
ほめよ束稲たたえよ高く
南校は明るいな
栄えてその名も輝くわれら

南小学校校章
ここに必ず画像の説明を記述すること(全盲者への対応)
南小学校の「ミナミ」を図案化したもの。
中央の「ナ」は、学校が愛の手を広げ、統合した2校を表す両側の「ミ」が
中央の「ナ」をしっかりと支えていることを示しています。
 

目次へ

教育活動

各種行事や学校生活の様子をお知らせします。
 

絆が深まった、修学旅行!

 6月14日(水)と15日(木)の2日間は、6年生が楽しみにしていた修学旅行でした。
 1日目の最初は、「日本銀行」「koboスタ宮城」「NHK仙台放送局」の3か所に分かれてのグループ学習でした。日本銀行では本物の1億円(10kgあるそうです)を見ることができ、大興奮でした。またkoboスタ宮城では、年間シートが150万円のところがあると聞いてびっくり!
 「3.11メモリアル交流館」までは地下鉄で行くことになっていましたが、普段あまり交通機関を使わない子どもたちは、右往左往しながらも「こうすればいいんだよ。」と、日ごろの行動からは想像できないアドバイスを友だちに投げかけている子もいました。以前より深く強いきずなで結ばれた気がするという感想を持った児童もおりました。
 様々な失敗も経験しながら、そのたびごとに自分の行動を振り返り、きちんと修正できる子どもたち。「成長」という大きなお土産を持って帰ってきたようです。

 追記、ベニーランドでは、引率の某先生がご自分の子どもさん(もちろん他校です)とばったり遭遇する場面もありました。
    
 

今年のテーマは、「最後まで本気!力を合わせる南の子!」

 20日(土)は運動会でした。五月晴れ(本来は旧暦の5月〈5月下旬から7月上旬〉の梅雨の晴れ間のことを言うそうです)というより、30度を超える炎天下の中、最終結果が4点差という熱戦が繰り広げられました。
 見どころはたくさんありすぎて書ききれませんが、1年生の玉入れの前のかわいい「恋ダンス」と2年生の少ない人数を感じさせない迫力ある「八木節」に合わせて応援席でみんなが踊っている姿は、チームとしての一体感を感じるとともに、みんなで運動会を盛り上げよう、楽しもうという気持ちが伝わってきました。
 そして、6年生恒例の縄跳び&組体操を取り入れた表現活動!少しでも完成度を高めようと、前日最後の最後まで練習を重ねてきた結果が見事に実を結び、学年テーマである「和」が表現された感動的な演技には、思わず涙が…。
 何よりも、子どもたちのひたむきな頑張りに、全員に金メダルをあげたいと思いました。また、猛暑の中、集中力もとっくに切れていてもおかしくない閉会式の1年生の整列の立派さもお伝えしたかったところです。

  

 

75名の新1年生、ツバメの到来とともに!(入学式)

 4月8日は、入学式でした。
 新入生75名は、6年生のお兄さん、お姉さんに手を引かれ、保護者や地域の方々、来賓の方々の温かい拍手の中、入場しました。
 担任の先生方から名前を呼ばれると、大きな声で返事ができました。多少の緊張感は感じられたものの、とても落ち着いた様子で、長い時間ではありましたが、姿勢を崩す子も少なく、立派な態度で式を終えることができました。
 今年は例年より早く校庭につばめが飛び始め、まるで、新入生を歓迎しているかのようでした。
   


 

今、『旅立ちの時!』(卒業式)


 3月18日、本校の記念すべき60回目の卒業式が挙行され、あたたかい南の風と共に、83名の卒業生がこの学び舎を巣立っていきました。
 「お別れの言葉」の中に、『今まで 歩んできた道のり その一つ一つの経験が 一生忘れられない思い出です』と記されていました。
 6年前を振り返ると、震災直後の明かりのない中で入学式を迎えた子どもたち。復興の歩みとともに、この6年間を過ごしてきたことになります。
 そして「お別れの言葉」の後半は、こんな言葉で締めくくられていました。
 『今 私たちは 新たな目標に向かって 一歩 踏み出します
  思いやりの心と 助け合いの心を忘れずに
  明るく たくましく 希望に向かって 歩んでいきます
  未来を信じて 歩んでいきます』
 ご来賓の方々からも、「6年生、立派でしたね。」という言葉をいただきました。
 これからの中学校での生活が、子どもたちにとって実りの多いものになり、さらに大きく成長してくれることを願います。
 
 追記 式に出席し、6年生を見送った5年生も、とても立派でした

 

 

 

伝わりました!感謝の気持ち(6年生を送る会)

 

 2月22日(水)は、新しく決まった児童会執行部の提案を受け、実行委員が中心になって「6年生を送る会」を行いました。 
 発表の練習の合間を縫って、1年生は「6年生の似顔絵」、2年生は「招待状」、3年生は「プレゼント」、4年生は「アーチ、花、横断幕づくり」5年生は、「会場づくりと全校ゲームの計画」と、学年ごとの役割もありました。
 4月の「1年生を迎える会」の時には、6年生に手を引かれ速足で入場した1年生が、一回りも二回りも大きくなった姿で、今度は6年生をステージ前までエスコートして行きました。
 新児童会長の「これまでお世話になった6年生へ、感謝の気持ちを込めて発表しましょう。」という力強い言葉に応えるように、呼びかけや歌、踊りなど、どの学年も心のこもった発表を見せてくれ、お礼として6年生は「恋ダンス」で盛り上がった後、「旅立ちの時」のしっとりとした美しい合唱(自画自賛になりますが、本当に素晴らしい歌声でした)で会を締めくくってくれました。
 この6年生たちも、3週間後には小学校を巣立っていきます・・・。寂しいですね。

   

 

 

 

 

笑顔の金メダル、ゲット!(文化祭)

 


 10月22日(土)には、文化祭がありました。学校行事ではありますが、5~6年生の実行委員が中心になってテーマを決め、子どもたちも積極的なかかわりを見せる行事です。
 オリンピックイヤーということもあり、今年のテーマは、「仲間とつかもう 輝く笑顔の金メダル」に決まりました。
 6年生は最後のステージとなる、吹奏楽委員会の迫力ある演奏。1~3年生は、国語で学習した内容をさらに発展、進化させた発表が多かった劇。一関地方独唱大会に出場した児童によるきれいな歌声。4~6年生は合奏と合唱。特に本校児童の合唱の素晴らしさは、胸を張っていいものだと自負しております。(本番2日前の「校内ステージ発表」でのみプログラムに載っている全校合唱も聞きごたえがありました。)
 約2週間の練習を乗り越え、力を出し尽くした子どもたちは、みんな、笑顔の金メダルを手にしたことでしょう。


  

 

 

どんとこい、「予定変更」!(宿泊学習)

 9月13日、14日は、5年生の宿泊学習でした。(なんと、次の日は授業参観日でもありました)当初、8月末に予定されており、台風のために延期になってしまいましたが、この日もあいにく、雨が心配される天候なってしまいました。
沢遊びが、室内ウォークラリーに変更になったり、野外炊事が霧雨の中で行われたり・・・。しかし、計画通りに進まない時こそ、子どもたちの本当の力が試される時です。予定変更などものともせず、持ち前の団結力を発揮して、このアクシデントを難なくクリアーした5年生は、高学年として、さらに頼もしい姿で学校に帰ってきました。
臨機応変に対応してくださった「健康の森」の職員の方々、これまでの準備や児童の健康面でのバックアップなど、おうちの方々のご協力も大きな力となりました。ありがとうございました。

  

  



 
 お天気の神様、ありがとう!(修学旅行)

 6月16日(木)~17日(金)は6年生の修学旅行でした。
1日目の午前中は、7月に開業1周年を迎える「うみの杜水族館」を見学。人間並みに賢そうなイルカのショーに大興奮。午後は、8つの班に分かれての自主研修。どの班も計画したコースを回り、無事、集合場所にたどり着きました。
2日目は「仙台市科学館」で、様々な科学の不思議を体験した後、市内の約8割を見渡すことができるという青葉城址に行って、最後は一番の楽しみだった「ベニーランド」を満喫しました。
多くの児童が、小学校生活1番の思い出に挙げる修学旅行。たくさんのことを学習、体験するとともに、この行事を通して、子どもたちの絆もより深まったように思います。
降水確率80~90%と、心配された天候でしたが、用意していった雨具のお世話になることもありませんでした。これって、日ごろの行いのおかげでしょうか。

    


心は一つ!パワー全開 南の子!(運動会)

 5月21日(土)に行われた本校の大運動会。連休明けから本格的にスタートした練習は、2週間という短い期間ではありましたが、どの学年も、それぞれの目標に向かって、集中した内容の濃い練習でした。
日々の練習の積み重ねの結果、当日は、子どもたちの素晴らしい姿をたくさん見ることができました。
負けても、転んでも、元気よく最後まで全力で走る姿をたくさん見ることができました。
このように、子どもたちが精一杯力を出し切ることができたのは、環境整備や当日の会場準備、駐車場の案内などにご協力いただいたPTAの皆さんや、温かいご声援をかけてくださった地域の皆様のお力も大きかったことと思います。感謝申し上げます。
   

おめでとう!1年生 (入学式)
 桜の花もほころび始め、例年よりやや早い春の訪れを感じさせる4月8日(金)、南小学校は、希望と期待に胸をふくらませた66名の新入生を迎えました。
6年生のお兄さん、お姉さんに手を引かれ、拍手で式場に出迎えられると、初めて経験する式の雰囲気に、緊張する子あり、めずらしそうにきょろきょろあたりを見回す子ありと、子どもたちの様々な様子がうかがわれました。
1957年に開校した南小学校、今年の新入生でちょうど60回目の1年生となります。
「吹け!南の風 豊かな未来へ」という本校のスローガンに掲げてあるように、子どもたちも、未来に向けて大きく育っていってほしいと思います。

   

目次へ
 

 

お知らせ

校報「南の風」を掲載します。 (PDF)
 
平成29年度 9号 校報「南の風」 9号 [196KB pdfファイル] 
平成29年度 1号 校報「南の風」 1 [321KB pdfファイル]  

目次へ

行事予定

今年度の年間行事予定を掲載しています。(PDF)平成29年度 年間行事予定表 [137KB pdfファイル] 

目次へ

まなびフェスト

今年度版の「まなびフェスト」です。(PDF)H29学びフェスト[152KB pdfファイル] 

目次へ

いじめ防止基本方針

本校のいじめ防止のための活動指針です。(PDF)いじめ防止基本方針 [399KB pdfファイル] 

目次へ