一関市教育委員会では、中学生の社会性の伸長・勤労観や職業観の育成のために、市内すべての中学校において、「中学生の社会体験学習事業~14歳・地域に学ぶ5日間~」を実施しております。

 本事業は、市内中学校2年生が実際に社会に身を投じて、社会の一員として過ごす5日間を通して、社会について体験的に学びを深め、社会人として基礎となるマナー・あいさつ・言葉づかい、人間関係を築くための力やコミュニケーション能力などの「社会性を育成すること」を目的としております。
 また、「働くことの意義や目的」を理解し、夢や希望の実現に向けて主体的に自己の進路を選択・決定しようとしたりする能力や意欲・態度など、望ましい勤労観や職業観を育成するための有意義な体験活動として位置付けております。

  平成28年度の社会体験学習の様子や受入事業所名をリーフレットにまとめましたので、広く市民の皆様へお知らせいたします。

   H28中学生の社会体験学習リーフレット.pdf [1443KB pdfファイル] 

※PDFファイルをご覧いただくためには「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。