私たちと一緒に、地域の活性化に取り組んでみませんか?!

一関市観光地域づくり支援員を募集します!!

 一関市では、地域資源や食文化を生かしながら観光地域づくりの取り組みを推進するため、地域おこし協力隊制度を活用した「観光地域づくり支援員」を募集します。

 多彩な観光資源と豊かな自然が魅力の一関で、あなたの知識・経験・外部視点を生かしてみませんか?

 

◎地域おこし協力隊とは?

 東京・大阪・名古屋の三大都市圏や政令指定都市などの都市部にお住まいの方が地方に移住し、地域おこし活動を行うことで地域活性化を図る制度です。

 一関市では現在、2名の協力隊員が活動中です。

  ☆地域おこし協力隊について(総務省HP) www.soumu.go.jp/main_content/000520754.pdf

 三大都市圏や政令指定都市以外からでも応募要件に該当する場合がありますので、下記の要件確認表をご確認ください。

  ☆地域おこし協力隊 地域要件確認表(総務省HP) http://www.soumu.go.jp/main_content/000483768.pdf

 

◎一関市ってどんなところ?

 一関市は、岩手県の最南端に位置し、東北地方のほぼ中央に位置しています。人口は約12万人で、高速道路・新幹線の交通網も備わり恵まれた交通環境を備えています。

 また、主要な観光地として、二大渓谷「厳美渓(げんびけい)」・「猊鼻渓(げいびけい)」、温泉毎に泉質が異なる「一関温泉郷」、”神々のじゅうたん”と評されるほどの見事な紅葉が楽しめる「栗駒山」などの多彩な観光資源に恵まれ、かつ隣町は「世界文化遺産平泉」であり、国内外から多くの観光客が訪れる県内有数の観光地となっています。

 さらに、一関地方に継承される「もち食文化」は、江戸時代・伊達藩政時代から続く食文化であり、冠婚葬祭や季節行事、人生の節目など暮らしと密接に関わりながら今日まで伝えられています。和食のユネスコ無形文化遺産登録の際にも取り上げられた当地域の食文化は、全国的にも注目を集めており、平成28年11月には農林水産省事業として全国5か所が認定された『食と農の景勝地』の一つに選ばれています。

  ☆一関市HP http://www.city.ichinoseki.iwate.jp/

  ☆一関市観光公式サイト いちのせき観光NAVI『いち旅!』 http://www.ichitabi.jp/

  猊鼻渓 厳美渓 一関温泉郷(真湯) 栗駒山 もち本膳 花と泉の公園

  ●トピックス● 

  一関市と平泉町をエリアとした観光地域づくりを推進するための「日本版DMO候補法人」として、「世界遺産平泉・一関DMO」が平成30年4月に発足しました。

  DMOは、観光関連事業者や行政・地域住民等さまざまな関係者と協同しながら、地域の「稼ぐ力」を引き出し、「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役を担う団体として期待されています。

   ☆DMOとは(観光庁HP) http://www.mlit.go.jp/kankocho/page04_000048.html

 

◎募集要項

  勤務地及び募集人員


   2名

   ・一関市役所商工労働部商業観光課(所在地:岩手県一関市竹山町7-2) 1名

   ・一関市役所花泉支所産業経済課(所在地:岩手県一関市花泉町涌津字一ノ町29) 1名

   

  業務概要


   1 観光資源を活用した地域づくりに取り組む団体等の支援

     一関市役所商工労働部商業観光課へ勤務いただく方 

     (1)世界遺産平泉・一関DMOと連携し、観光資源を活用した地域づくり業務

       ・観光振興事業、物産振興事業の企画及び実施

       ・域の情報発信業務の企画及び実施

       ・地域の情報や魅力の収集及び観光資源の掘り起こし

       ・もち食文化や伝統芸能など地域文化を活用した企画及び情報発信

       ・前各号に掲げるもののほか、観光資源を活用した地域づくりに関連する活動

     一関市役所花泉支所産業経済課へ勤務いただく方 

    (1)花と泉の公園と連携し、観光資源を活用した地域づくり業務

      ・花を活用した観光振興事業、特産品開発、物産販売の企画及び実施と情報発信

    (2)花泉地域の観光資源を活用した地域づくり業務

      ・観光振興事業、物産振興事業の企画及び実施

      ・地域の情報発信業務の企画及び実施

      ・地域の情報や魅力の収集及び観光資源の掘り起こし

      ・もち食文化や伝統芸能など地域文化を活用した企画及び情報発信

   2 市内の行事参加及び支援

 

  募集対象


   1 年齢:おおむね20歳以上40歳以下の方

   2 性別:不問

   3 応募時に、三大都市圏または地方都市等(過疎、山村、離島、半島などの地域に該当しない

     市町村)に居住し、委嘱後に住民票を一関市に異動し居住できる方

   4 普通自動車運転免許を有している方

   5 一般的なパソコン操作ができる方

   6 心身ともに健康で地域での活動に意欲的に取り組める方

   

  勤務時間


   勤務時間は、一週間につき29時間以内とします。

   定められた時間以外に勤務する場合もありますが、その場合は勤務時間の割振り変更をしていただ

   きます。

 

   雇用形態・期間


   観光地域づくり活動支援員(非常勤特別職)として一関市長が委嘱します。

   任期は委嘱の日から平成31年3月31日までとし、以降年度毎に意思確認のうえ更新します(最長3

   年)。   

 

  給与・賃金等


   月額 208,000円

   ※時間外手当、昇給、賞与の支給はありません

 

  待遇・福利厚生


  1 健康保険、厚生年金、雇用保険、労働災害保険は市で加入します。

  2 有給休暇あり(初年度は10日です。ただし、2年度は11日間、3年度は12日間付与します)

  3 住居は予算の範囲内(月額47000円を上限)で市が確保し、家賃を負担します。

  4 活動に要する車両、パソコン、スマートフォン、通信端末は貸与し、車両燃料費及び通信費は

    市が負担します。

 

  申し込み受付期間


  平成30年6月12日~採用枠が充足するまで

 

  審査方法・提出物


   1 一次選考:書類審査  ※郵送または持参してください

    (1)履歴書(市専用様式) ※履歴書様式は下記の参考URLからダウンロードしてください。

        履歴書(市専用様式).pdf

        履歴書(市専用様式).word

    (2)志望動機及び自己PR(様式自由、氏名記入のこと)

   2 二次選考:面接(開催日時は別途お知らせします。)

    ※一次選考を通過した方のみ二次選考の面接にお越しいただきます。

   3 合否の判定は文書で通知します。

    ※面接会場は一関市役所本庁舎を予定しています。

    ※面接会場までの交通費は自己負担となります。

  

  書類提出先・問合せ先


  〒021-8501 岩手県一関市竹山町7-2

   一関市役所 商工労働部商業観光課 担当:佐藤大介

   電話 0191-21-8413  FAX 0191-31-3037

   メール shokan@city.ichinoseki.iwate.jp