石と賢治のミュージアムトップへ

見て、聞いて、触れて、遊び、まなぶ…

ここは石と賢治のミュージアム!

東北の気候風土と当時の農村の困窮

石灰にかけた賢治の夢

技師としての活躍

出張先東京での発病

「雨ニモマケズ」が生まれるまでの足跡を

手紙や写真展示でわかりやすく説明しています。

左:羅須地人協会時代の教材。右:賢治が草稿した向上リーフレット

左:羅須地人協会時代の教材。右:賢治が草稿した工場リーフレット

展示室内部

石や星や雲から自然の不思議が見えてくる

石ッコ賢さんをキーワードに、賢治の見ていた自然の不思議な秘密を遊びながら見学できます。
美しい石、不思議な石、めずらしい石、化石などが数百点展示されています。
展示されている石

館内マップ

旧東北砕石工場(大正13年創業。昭和53年まで操業)

この工場は、土地改良剤の石灰石粉を製造する工場で宮沢賢治が昭和6年に技師として活躍した工場です。

旧東北砕石工場

 

平成8年12月20日登録(砕石産業関係建造物第一号)

 

旧東北砕石工場 見学中止について

旧東北砕石工場は、平成28年12月1日から砕石工場内部の建物改修工事に入ります。
当分の間、見学はできません。

問い合わせ先 太陽と風の家
TEL 0191-47-3655 FAX 0191-47-3944

〒029-0303 岩手県一関市東山町松川字滝ノ沢149-1

電子メール:ishiken@city.ichinoseki.iwate.jp