一関市教育委員会では平成17年の7市町村合併後より取り組んできた指定等文化財悉皆調査の報告書『一関の文化財』を平成23年6月30日に刊行しました。
一関市に所在する200件近い指定等文化財を、写真とともに紹介しています。

冊子は、市内図書館、博物館でご覧いただけます。

※本報告書は平成22年度末のデータを元に作成しています。
平成23年に新しく指定となった市指定有形文化財「浪分神社の算額5面」および合併した藤沢地域の指定等文化財は含まれていません。(平成23年度に県指定文化財となった「豊吉之墓」ついては、市指定文化財として掲載してあります。)
未掲載分については今後補完調査を行い、「一関の文化財 補遺編」としてまとめる予定です。