平成29年度 芦東山記念館館長講座のお知らせ

 
 芦東山記念館館長講座

※PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe® Reader®」が必要です。お持ちでない人は、こちらからダウンロードしてください。

内容
下記の内容で館長講座を開催いたします。
今年度より開始時刻が13時30分からとなりましたのでご注意ください。
 

第1回 5月10日(水曜日) 「井伊直虎とその一族」

第2回 7月12日(水曜日) 「盛岡藩家老席日記『雑書』にみる歴史(その2)」

第3回 10月11日(水曜日) 「移動研修」
              ※宮城県登米市周辺を館長と視察研修する予定です。 
              ※移動研修の申込は平成29年度館長講座に1回以上参加された方に限ります。
              ※詳細は決まり次第ご案内申し上げます。
 
28年度移動研修の様子 
平成28年度移動研修先での一枚(前列右から3番目が細井館長)
 
第4回 12月22日(金曜日) 「高山彦九郎が見た天明の飢饉直後の東北地方(その1)」
              ※金曜日開催になります。曜日にご注意ください。

第5回 平成29年2月14日(水曜日) 「高山彦九郎が見た天明の飢饉直後の東北地方(その2)」

※移動研修を除く第5回までの全講座に参加された方には修了証を進呈いたします。

時間

各回とも13時30分~15時00分

場所

芦東山記念館ホール

申し込み方法
各開催日の前日までに記念館に参加申し込みをして下さい。
電話:0191-75-3861
聴講料
無料
講師 
芦東山記念館館長 細井 計 (岩手大学名誉教授・文学博士)
 
●プロフィール
昭和11年、群馬県出身。東北大学大学院文学研究科を修了(文学博士)、その後、東北福祉大学助教授、岩手大学助教授を経て、岩手大学教授となり、平成14年3月に退官。現在は岩手大学名誉教授として多くの著書を執筆するなど多方面で活躍。現在も盛岡藩政の研究、調査に不可欠な盛岡藩雑書の解読・刊行に取り組む。平成24年8月より当館館長を務める。