秋季特別展「修身図鑑‐掛図で学ぶ仙台藩の偉人‐」

  秋季特別展ポスター

期間
  平成29年10月7日(土曜日)~ 12月3日(日曜日)
  ※無料開館日 10月7日(土曜日):展示初日
         10月28日(土曜日)、29日(日曜日):東北文化の日
         11月3日(金曜日・祝日):文化の日
内容  
『修身図鑑』は明治26年(1893)に仙台の画家・三好清篤(みよしきよあつ)によって製作された小学修身用の掛図(かけず)です。この『修身図鑑』は上下の二部からなり、伊達政宗から明治初期に至るまで、仙台藩の名君・傑物50人が描かれています。本展では、当時の教育教材としてだけでなく、現在に繋がる先人顕彰の記録としても重要な『修身図鑑』について、芦東山をはじめ大槻玄沢、青柳文蔵、高野長英など現在の一関市にゆかりのある人物を中心に紹介します。
時間
9時~17時まで(ただし入館は16時30分まで) 

関連イベント

「芦東山記念館からの挑戦状!謎解きラリー」
内容
芦東山記念館の展示室や周辺を対象とした謎解きミッションに挑戦しよう。
挑戦者にはプレゼントがあります。
日時
 10月28日(土曜日)、29日(日曜日) 開館時間中随時受付
参加費
 無料
親子ワークショップ「はり絵で干支(戌年)カレンダーづくり」
内容
芦東山紙芝居の上演(15分)、親子向け展示解説会(20分)、はり絵で新年のカレンダーづくり(50分)を行います。
日時
 12月3日(日曜日) 10時30分から12時00分
対象
 先着親子15組 ※事前に参加申し込みをして下さい。
        ※展示解説のみ入館料が必要です。