一関市市有林J-VERクレジットの販売について

一関市では、環境省が運営する二酸化炭素(CO2)の排出取引の制度(J-VER)を利用して、「一関市市有林における森林吸収量販売プロジェクト」を申請し、J-VER認証を取得しました。
平成25年7月16日より「一関市市有林オフセット・クレジット(J-VER)」を、内外の環境貢献への取り組みを検討している企業様等に向けて、販売しています。

★ 一関市は、企業様の環境貢献活動を後押ししながら、一緒に森林づくりに取り組みます。
★ 自らの企業努力では削減困難なCO2排出量を一関市市有林におけるCO2吸収量(J-VER)でオフセット(埋め合わせ)することが可能です。

【一関市市有林オフセット・クレジット(J-VER) プロジェクトの概要】

1 プロジェクト名

一関市市有林における森林吸収販売プロジェクト  J-VERチラシ.pdf [2751KB pdfファイル]  

2 内 容

平成22年から平成24年度において森林の成長を促進するため間伐を行ったことによる二酸化炭素(CO2)吸収量について、環境省オフセット・クレジット(J-VER)の認証を取得したもの。

3 間伐実施箇所及び面積

一関市大東町猿沢地区 63ha

4 J-VER販売量

861【t-CO2】
※認証量887トンからバッファ-部分26トンを除いた数量

★ クレジットにより得られた資金の活用

このクレジットの販売により得られた資金は、一関市市有林の森林づくりに活用されることとなります。

★ 購入申込み

ご購入を希望される方は、購入申込み書類をご覧ください。(下記よりダンロードが可能です。)

★ 購入までの流れ

  1. 様式1~3号の提出
  2. 市の決定通知の送付・契約の締結
  3. 売買代金の納入(※市が納入通知票を発行)
  4. クレジットの移転(※購入者がJ-クレジットの口座を保有または今後保有する予定の場合)またはクレジットの無効化(※購入者が無効化を希望する場合)

★オフセット・クレジット(J-VER)制度とは

J-VER制度は、市場メカニズムを活用して、バイオマスの利活用や森林の整備・保全等の地球温暖化対策を推進できる新しい仕組みであり、国内におけるCO2排出削減・吸収を一層促進するため、環境省が創設したものです。
国内で実施されるプロジェクトによるCO2削減・吸収量をカ-ボン・オフセット用のクレジット(J-VER)として認証する制度で、平成20年11月から運用されています. 

関連ファイルダウンロード    

 ※PDFファイルの閲覧について(リンクをクリックすると新規ウインドウが開きます.
PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe® Reader®」が必要です。お持ちでない人は、こちらからダウンロードしてください。