新市建設計画とは

 新市建設計画は、旧一関市、花泉町、大東町、千厩町、東山町、室根村及び川崎村の1市4町2村により設置された「一関地方合併協議会」が平成17年2月に策定したもので、市町村の合併に際し、住民に合併後のまちづくりに関するビジョンを示す、いわば新市のマスタ−プランとしての役割を果たしたものです。

 新市建設計画には、

  • 新市建設の基本方針
  • 新市の建設の根幹となるべき事業に関する事項 
  • 公共的施設の統合整備に関する事項
  • 新市の財政計画 

 などが盛り込まれております。

 詳細は下記からご覧いただけます。

新市建設計画を変更しました

 東日本大震災の発生を受け、合併特例債を活用できる期間が被災地では10年間延長されることとなりました。
 特定被災地方公共団体である本市においても平成37年度まで合併特例債を活用することが可能となり、新市建設計画の各事業を実施するための有効な財源を確保するため、平成28年3月に計画を変更しました。

<主な変更内容>
・計画期間の延長
・将来人口の修正
・事業内容の変更
・財政計画の修正
 
 

進捗状況

 平成24年度までの新市建設計画事業(一般会計分)の進捗状況は下記のとおりです

 

※PDFファイルをご覧いただくためには「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでない人は、こちらからダウンロードしてください。