咲かせよう協働の花

一関市の協働とは?
協働とは「協働の主体である市民組織、企業、行政がお互いの立場を尊重し、公共的、公益的な活動を継続的な話し合いと合意により、協力して行動すること」をいいます。
協働のまちづくりを進めることで、下記の効果が期待できます。

1.個人
ア 市民ニーズに合った、きめ細やかで多様な公共サービスの提供を受けることができます。
イ 自治会活動、市民活動などに参画する機会が増え、自己啓発につながります。
ウ 自治の基本ともいえる自己決定・自己責任を基調とする、市民が主体となったまちづくりが推進されます。

2.自治会等
ア 目的を実現するための地域活動が積極的になり、地域コミュニティの活性化につながります。
イ 地域活動の機会が広がり、より多くの市民によるまちづくりが可能となります。
ウ 組織のレベルアップを図ることも可能になります。

3.市民活動団体
ア 活動の広がりにより、市民に認知され信頼が増します。
イ 行政との相互理解が図られ、改善提案ができます。

4.企業
ア 地域の一員として、社会的信頼が高まります。
イ 専門性を活かした人的、技術的な社会貢献が可能となります。

5.行政
ア 市民ニーズの把握と施策決定の透明性が確保されます。
イ 市民と共通した認識で施策を実行することができます。
ウ 事務事業の見直しにより、新たな市民ニーズに対応が可能となります。

詳しくは 輪っしょいWeb をご覧ください。