空き家バンク登録住宅改修補助金とは

市では、市内の空き家の有効活用を図り、移住者の受け入れによる地域の活性化を目的に、空き家バンクに登録した空き家を利用しようとする際に実施する改修工事等に要する経費の一部を補助する制度です。
※空き家バンクを利用できる方は市外から転入する予定の方になります。
移住者住宅取得補助金と重複して補助を受けることが可能です。

  • 次のいずれかに該当する方が補助の対象者になります。
    1.所有者 空き家バンクに登録している物件の所有権を有する者であって、空き家の賃貸借契約を締結した者
    2.入居者 所有者と賃貸借契約を締結し、空き家を賃借する者
    3.取得者 所有権の移転(売買、贈与等)契約を締結し、空き家を取得した者
    ※賃貸借契約の場合は、申請できるのは所有者又は入居者のどちらか一方となります。 
  • 事業期間 平成28年度~

 

補助金額

補助金の額は、改修工事等に要した経費の2分の1に相当する額(1,000円未満は切り捨て)とし、20万円が限度となります。

 

申請時期 

空き家バンクを通した賃貸借契約または売買契約の締結後、改修工事等着工前となります。

 

手続きの流れと申請に必要な書類

手続きの流れは次のとおりです。
手続きの流れ [89KB pdfファイル] 

申請に必要な書類は次のとおりです。なお、様式第1号から第4号までは、以下からダウンロードが可能です。
様式第1号doc [38KB docファイル]  様式第2号doc [32KB docファイル]  様式第3号doc [35KB docファイル]  様式第4号doc [34KB docファイル] 
記入例 [340KB pdfファイル]

必要書類

申請時

・ 空き家バンク登録住宅改修補助金交付申請書(様式第1号)
・ 空き家にかかる売買契約書又は賃貸借契約書等の写し
・ 住宅の登記事項証明書の原本
・ 改修等費用の明細書又は見積書(発行者の記名、捺印が必要)の写し
・ 改修等費用の内容が分かる図面(施工箇所の見取図等)
・ 住民票の謄本
・ 前年度の納税証明書の原本(世帯員全員)
〖申請者が入居者(賃借人)の場合〗
・ 空き家バンク登録住宅改修補助金にかかる入居者利用同意書(様式第2号)

申請内容の

変更

・ 空き家バンク登録住宅改修補助金変更(廃止)承認申請書(様式第3号)
・ 改修等費用の明細書又は見積書(発行者の記名、捺印が必要)の写し
・ 改修の内容が分かる図面(施工箇所の見取図等)変更等の内容がかわかる書類の写し

補助金請求時

・ 空き家バンク登録住宅改修補助金請求書(様式第4号)
・ 改修等費用の領収書(発行者の捺印が必要)の写し
・ 改修等の写真(着工前・完成時)
・ 住民票の謄本(入居者又は取得者に限る。)
 ※ 申請時と同住所の場合は不要

 その他

改修工事等は申請した年度内に工事が完了する必要があります。

あばいん一関にも情報を掲載しています。
http://www.city.ichinoseki.iwate.jp/ijyu/seido/secound.html