市では、平成29年3月3日付で『一関市観光振興計画(平成29~33年度)』を策定しました。

計画の目的

    多くの産業に経済波及効果をもたらし、地域経済の活性化に大きく寄与する観光の振興を図るため、当市における観光の目指すべき方向性を明らかにし、観光動向に即応した観光振興施策を展開することをを目的に、「一関市観光振興計画(平成29~33年度)」を策定したものです。 

計画の期間

平成29年度から平成33年度までの5か年

計画の基本理念

「恵まれた自然と悠久の歴史が育むいやしの里 いちのせき」
 当市には、栗駒国定公園や室根高原県立自然公園をはじめ猊鼻渓、厳美渓などの自然資源や骨寺村荘園遺跡など歴史的、文化的資源、祭りや伝統行事があり、これら観光資源を活用しながら、心のこもった笑顔で
迎え入れることにより訪れる観光客が癒され、もう一度訪れてみたくなる観光地を目指します。 

将来像の実現に向けての取り組み

 5つの基本方針と、それに基づく観光振興戦略および重点的取り組みを設定し、観光振興に取り組みます。

【基本方針1】平泉との連携強化による一関ブランドの発信
 ・世界遺産「平泉」の玄関口である当市に来訪することにより体験できる観光資源についての認知度向上
  を図るとともに、一関・平泉地域の特産品を観光の魅力を高める観光資源として活用し、一関地方物産
  振興協会等と連携した観光客誘致を図りながら、「いちのせき」の観光地としてのブランド化に努めま
  す。

【基本方針2】観光資源の活用と情報提供の充実
 ・美しい自然環境、貴重な歴史的遺産、独自の食文化など、豊かな観光資源の活用と、観光客の興味や動
  向を踏まえたタイムリーな情報発信を行い、より効果的で積極的な情報提供に努めていくことで体験
  交流型観光の一層の推進を図ります。

【基本方針3】観光に関する受け入れ態勢の整備
 ・訪れた観光客が市内を快適に回遊できるよう、わかりやすい観光案内板の設置や円滑な移動手段につな
  がる二次交通の確保、国内外から観光客を受け入れる体制の充実を図り、市民一人ひとりがおもてなし
  の心で観光客を迎え入れるための市民意識の醸成に努めます。

【基本方針4】広域連携の推進  
 ・東北のほぼ中央に位置する当市の地理的要因を活かした県境を越えた近隣市町村との連携や姉妹都市お
  よび友好都市との連携を強化し、相互に補完しあいながら交流人口の増加に努めます。

【基本方針5】 インバウンド誘客の推進
 ・観光案内板などの多言語表記やWi-Fiスポットの整備促進など受入環境の整備を図るとともに、当市の魅
  力ある観光資源の情報発信を行い、積極的な海外プロモーションや宣伝活動の推進に努めます。
 ・「食と農の景勝地」に認定されたことを好機に、一関・平泉地域の「もち食文化」とその背景にある農
  業や農村景観、平泉の文化遺産などの魅力ある地域資源を生かして、外国人観光客の誘致に努めます。

 ◆各地域の重点取り組み事項
 ・市内に4つの地域(一関・東山地域、花泉・藤沢地域、大東・室根地域、千厩・川崎地域)を設定し、地域
  間の連携を図りながら、特色ある観光地づくりを推進します。

◆計画の進捗状況説明と効果検証
 ・当市の観光事業に関する必要な事項を調査、審議するために設置している一関市観光審議会(委員10人)
  において、計画の進捗状況を説明し、効果検証を行います。

策定の体制

 一関市観光振興計画策定委員会(委員12人)において5回の審議、また、一関市観光審議会において一関市観光振興計画の策定を諮問し、2回の審議を経て、答申をいただきました。

 パブリックコメントの実施(平成29年1月11日から平成29年1月25日まで)

 計画の概要説明については、下記のPDFファイルをご覧ください。なお、計画全編については、印刷製本が整い次第、PDFファイルを掲示しますので、もうしばらくお待ちください。

 一関市観光振興計画(平成29~33年度)概要説明用.pdf [781KB pdfファイル]