開始時刻11時00分

1 市長発表事項

○平成29年度 子ども議会の開催について

【市長】子ども議会は市として初めての開催です。
市内の中学校から推薦のあった18人の中学生に、
市政への参加と議会制度の理解を得る機会を提供し、
当市のまちづくりについても関心をもってもらう。
社会参加意識の醸成にも結びつくと思います。
実際の市議会と同じような形で開催します。

私は日頃から若者の感性や発想を大事にしていかなければならないと思っています。
これまでも移動市長室などで中学生や高校生と意見交換する機会が多々ありました。
昨年は千厩の移動市長室で千厩高校の生徒さんたちと約2時間意見交換しました。
今年も先月、市長と高校生の意見交換会「市長と話(しゃべ)リング」を開催しました。
今度は中学生を対象に議会制度や市政について学んでいただく機会にしたいと思います。
こちらが意見を聞くだけではなく、
参加した中学生も市政や議会制度、
まちづくりについても関心を深めてもらう、
双方向での話し合いの機会にしていきたいと思います。
また、キャリア教育の一環としても意味があると認識しています。

参加する生徒は市内18校の中学校から、
推薦された代表の18人で全員3年生です。
7月8日(土)には事前研修会を行っていますが、
18人が3つの会派を作り、
それぞれの会派ごとに質問を受ける予定です。
子ども議会の議員として本会議場の檀上から質問します。
議長も生徒が行います。
議会の一般質問に準じて対応します。
開催日は8月1日(火)で13時30分から16時頃までの予定です。

【記者】市議会では、一般質問をする際に一括答弁方式か一問一答方式かを選択しています。
今回の子ども議会はどのように。

【市長公室長】5分ほどの時間割り当てですので、
2項目質問する人もいますがだいたい一括になるのではないかと思います。

【記者】再質問は。

【市長公室長】時間内であれば可能です。

【記者】今年が初めての開催。
市長就任の4年目の夏に初めて開催しようと思った理由はあるのでしょうか。

【市長】移動市長室の日程にはありませんでしたが、
中高校生と話しをする機会はよくありました。
例えば学校教育から離れたスポーツ少年団の活動や
文化財保護の活動をしている子どもたちと話しをする機会は何度かありました。
子どもたちの意見や子どもたちの持っている発想は実に素晴らしいものがありますので、
正式な機会を設けたほうがよいということになりました。
昨年は千厩高校の生徒と議論することができました。
内容が非常によかったので今年、高校生との意見交換会を年度当初に企画し先月実施しました。
次は中学生ともそういう機会を持ちたいと思っていました。
中学生と意見交換会といっても難しい面もありますので、
こちらが意見を聞くだけではなく中学生にとっても身になるように、
双方向でやるにはどうしたらよいか。
議会制度を勉強してもらうことも良いだろうし、
こちらが質問に答えて答弁することによって、
一関のまちづくりというものを理解してもらえる機会にもなるだろうということで
議会というものを一つの舞台にして組み込んでみました。

2 その他

【記者】7月24日(月)に登米市、栗原市、平泉町、一関市の4市町の首長懇談会があります。
今年度最初になりますが、どのような議論・協議となる予定か。
市長が提案予定のものはありますか。

【市長】前栗原市長、前登米市長と一関、平泉の4人の首長懇談会は、
ある程度共通理解の元で進められてきたので、
今後の対応をどうしていくのか、
まずは原点に戻って共通認識をもつための機会にしていくことが一番の大きな目的です。

それぞれの自治体が抱える課題について、
一度にテーブルの上にあげるというのもいいのですが、
4人の首長が正式な話し合いの前に一度課題を整理する必要があると思います。
その中から議論していく部分と公式に議論はすることはなくても、
4つのうち2つの自治体が関係することもありますし、
臨機応変に対応していければと思います。
メンバーが一新しましたので私のほうから形にはまらないないお話しをしたいと思います。
お互いに時間が空いた時にちょっといって話をする距離感がありますから、
お互い行ったり来たりする関係をしっかり構築していきましょうと強調したいと思います。

【記者】各首長が違う自治体に行って講演することがこれまでありましたが、
登米・栗原の両市長が変わり、そちらの市が一関市で講演する機会は今年度ありますか。

【市長】今年度は何をするかまだ決まっていません。
首長同士でそれらをじっくり話し合って、
今後4市町共通の事業としてやっていったらよいのか、
また岩手・宮城の県境に隣接する地域であればこそ、
県境を越えてというところを強く意識してやっていきたいと思っています。
今回4人が顔合わせをして、基本的なところでの認識を合わせたうえで、
具体的なものは事務方に調整してもらうことになると思います。
今後、何をいつやるかというスケジュールもその中で行います。

 

290718 記者会見資料 [107KB pdfファイル] 

 
閉会 11時17分