平成29年7月21日 受け付け

ひとことの内容

・大船渡線でICカード(Suica)が利用できるようにしてほしい。
また、大船渡線で「小さな旅ホリデーパス(フリー切符)」を使えるようにし、
仙台から猊鼻渓や室根山に日帰り観光がしやすいように働きかけをしてほしい。
・大船渡線経由での気仙沼~仙台間直通列車の運行を働きかけてほしい。

回答

このたびは、「市長へひとこと」に貴重なご意見をお寄せいただき、誠にありがとうございました。

ご意見をいただきました「ICカード(Suica)」及び「小さな旅ホリデーパス」の大船渡線への導入についてですが、
JR東日本盛岡支社に確認したところ、「ICカード(Suica)は、
駅の利用状況、導入コストと効果を総合的に勘案した中で導入を判断しています。
また、小さな旅ホリデーパスは、仙台、山形、福島エリアの旅行喚起を目的としたサービスであり、
世界文化遺産登録により平泉までエリアを拡大したところです。」とのことでありました。

当市では、従来から一関商工会議所など関係機関と連携しながら、
JR一ノ関駅への新幹線の停車本数の増加や、
新幹線と在来線の乗継改善などについてJRに対し要望を行ってきたところでありますが、
大船渡線の利便性の向上や利用の促進を含め、今後とも要望してまいりたいと考えております。

また、大船渡線を経由した仙台から気仙沼までの直通列車の運行につきましては、
関係機関の意見等を伺いながら、必要に応じてJRへ要望してまいりたいと考えております。

平成29年8月23日  一関市長 勝 部  修