情報通信基盤災害復旧事業費補助金における復旧計画の事後評価の公表について 

情報通信基盤災害復旧事業費補助金事業とは

 東日本大震災により被災した地域の地方公共団体が実施する情報通信基盤(FTTH等のブロードバンドサービス施設、公共施設間を結ぶ地域公共ネットワーク施設等)の復旧事業を支援することを目的として、特定被災地方公共団体に対して、その復旧事業費の一部を総務省が補助して実施する事業です。

事後評価の公表

 情報通信基盤災害復旧事業費補助金交付要綱(第8条)に基づき、当初整備が終了した平成23年度から5年後にあたる平成29年度に、復旧計画の目標達成状況等について評価を行い、これを公表することとなっています。下記に示すとおり事後評価を公表します。