雑がみは、紙袋や紙箱を利用して資源ごみに出しましょう!

 新聞、雑誌、段ボール、飲料用紙パック以外のリサイクル可能な紙資源を「雑がみ」といいます。
 これまで雑がみは、雑誌にはさみ込み、紙ひもでしばって資源ごみに出す方法だけでしたが、より簡単な方法で出せるように、紙袋や紙箱に入れて出せるようになりました。

雑がみ(リサイクルできる紙)の例

 メモ用紙、封筒、トイレットペーパーの芯、カレンダーなど 
 詳しくは一関地区広域行政組合ホームページで確認してください。 一関清掃センター管内大東清掃センター管内

 便利な雑がみの出し方

 紙袋の場合
  ・ホッチキスや紙テープで口をとめてください。
  ・紙袋の取っ手が紙以外の素材の場合、取っ手は外してください。
  ・ビニールコーティングされた袋は使用できません。
  (ビニールコート紙は燃やすごみに出してください。)

 紙箱の場合
  ・ふたをして紙テープでとめて出してください。
  ・段ボール製の箱は使用しないでください。
  (段ボールは、段ボールとして紙ひもでしばって出してください。)

 ※大東清掃センター管内は、紙袋や紙箱に地区名、氏名を記入してください。

 雑がみの出し方について(廃棄物減量大作戦!抜粋) [308KB pdfファイル]