放射線量測定などのこれまでの主な取り組み

1回一斉測定(6月)

市立小中学校および私立を含む幼稚園・保育園、全111施設の校園庭の中央部1か所の放射線量を測定 (測定高1m、50cm)

継続測定(7月~)

毎週測定

各地域1校(園)、公園2施設、社会体育施設1施設  

毎日測定

東西南北の各消防署(4署)
(10月3日以降は学校施設、公共施設および自治集会所などの一斉調査に測定器を使用するため、当分の間は土曜日・日曜日・祝祭日のみとなります)

第2回一斉測定(7月)

全学校など(111施設)の雨水の集まる軒下や雨どいの排水口などを調査 (測定高1m、50cm)
※測定の結果、毎時1μsv以上(50cm)の施設について、低減対策を実施
萩荘幼稚園、萩荘小学校、萩荘中学校、清田小学校

第3回一斉測定(8月) 

全学校などの放射線量の状況をより詳細に確認するため、測定箇所、測定高を増やし測定

測定箇所

屋外5か所(うち1か所は砂場)
屋内1か所

測定高

屋外 1m、50cm、5cm
屋内 50cm

第4回一斉測定・低減対策

1.目的

東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う放射線による健康への影響、特にも子どもに対する不安が依然として市民の間で高い状況にあります。
ついては、これまでの実施してきた学校などにおける放射線量測定およびその結果に基づく放射線量の低減対策の対象などを拡大し、子どもの被ばく線量のさらなる低減を図る対策を講じることとしております。

2.測定対象施設

市立の小中学校および私立を含む幼稚園・保育園などの全138施設(児童クラブ、無認可保育所、事業所内保育所も含む)
 

    

小学校

中学校

幼稚園

保育園

へき地
保育園

児童館

児童クラブ

無認可保育所など

合計

市立

私立

市立

私立

一関

12

9

7

4

2

11

3

 

12

60

花泉

7

1

1

1

 

3

 

 

2

15

大東

6

4

1

 

6

 

 

 

 

17

千厩

5

1

 

1

3

1

 

1

 

12

東山

3

1

1

 

2

 

 

1

 

8

室根

2

1

 

 

1

 

2

2

2

10

川崎

2

1

 

 

2

 

 

 

2

7

藤沢

3

1

2

 

3

     

 

9

40

19

18

34

5

4

18

138

3.測定

(1) 局所的なポイントの測定

これまでの測定結果によって、学校などの敷地内において、放射線量が局所的に高い値を示す次の場所を重点的に測定しました。

雨水が集まるところおよびその出口

建物の雨樋(軒樋、竪樋)、竪樋から直接排水されている犬走り、側溝、集水枡、屋上やベランダなどの排水口、雨だれが落ちる軒下など。

雨水・泥・土がたまりやすい所

遊具の周辺などの水たまりができやすい低くなった地面、コケが生えているところ、縁石や塀際の土たまり、コンクリートやアスファルトの割れ目など。

その他
(2) 校(園)庭を面的に測定

校(園)庭の中央部および四方のいわゆるサイコロの5の目の5個所について、測定しました。

(3) 測定高
中学校

地表面から1m、1cm

小学校・幼稚園・保育園

地表面から50cm、1cm

(4) 測定期間

平成23年9月26日(月)から10月17日(月)までの間

4 測定結果

測定した138施設2,174個所中、92施設489個所で当市が低減対策の対象としている毎時1マイクロシーベルト以上が測定されました。
これらの個所は、雨どいの排水口や軒下など極めて局所的な範囲であり、数十センチメートル離れると校庭など他の測定個所と同などの放射線量になります。
現在、毎時1マイクロシーベルト以上の個所については、低減対策を実施中であり、その結果についても順次公表することとしております。
また、測定機器の上限値を超える毎時10マイクロシーベルト以上が4施設(4個所、全て局所的)で測定されたところですが、全ての個所について低減対策を実施し、毎時1マイクロシーベルト未満になっています。
なお、今回の測定結果から、児童生徒の健康への影響に関して不安を持たれる方もいると思いますが、あくまで局所的であること、その場で長時間活動するような個所ではないことなどから、児童生徒が受ける放射線量はごく僅かで、健康に影響を及ぼすものではありません。

 

測定結果の概要

 局所測定 校(園底)庭測定
一関地域.pdf [80KB pdfファイル]  一関地域.pdf [25KB pdfファイル] 
花泉地域.pdf [20KB pdfファイル]  花泉地域.pdf [15KB pdfファイル] 
大東地域.pdf [66KB pdfファイル]  大東地域.pdf [16KB pdfファイル] 
千厩地域.pdf [24KB pdfファイル]   千厩地域.pdf [16KB pdfファイル] 
東山地域.pdf [23KB pdfファイル]  東山地域.pdf [14KB pdfファイル] 
室根地域.pdf [19KB pdfファイル]  室根地域.pdf [14KB pdfファイル] 
川崎地域.pdf [17KB pdfファイル]  川崎地域.pdf [11KB pdfファイル] 
藤沢地域.pdf [17KB pdfファイル]  藤沢地域.pdf [12KB pdfファイル] 

  ※PDFファイルをご覧いただくためには「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

5 低減対策

(1)対象
局所

毎時1μsv以上となる個所(測定高に関わらない)

面的

校(園)庭など毎時1μsv以上となる測定個所が複数測定された場合
(面的に対象となった施設は無し。測定個所のうち1個所のみ毎時1μsv以上の施設1施設)
※低減対策の実施対象施設 92施設 489個所

(2)低減方法

各施設・各個所ごとに国が示している低減方法を参考とし、放射線量が高いポイントを絞り込んだ上、放射線量が効率的・効果的に低減する方法を所管する本庁、支所および当該施設が協議、検討し実施中です。

ア.表層土の剥離
イ.軒下などの砂利(土砂)の入れ替え
ウ.剥離または除去した土・砂利の処理
「上下置き換え(天地返し)」「まとめて地下に置く」方法により当該施設内処理
エ.水による洗浄
高圧洗浄機による表面の水洗浄

(3)低減対策の施工者など

低減対策は、該当個所の数、広さ、周囲の状況などにより判断する。

直営・PTAなどの協力による場合

ア、土砂や砂利などを剥離する個所が少なく、狭いなど手作業で可能な場合。
イ、犬走りやたたきなどコンクリートやアスファルトの場合。
ウ、側溝の土砂の除去など、普段なされる環境整備程度の作業内容の場合。
エ、草地や芝生などを刈り取る場合。

土木業者などが施工する場合

土砂などの剥ぎ取りや置き換えなど重機の使用を必要とする場合のほか、前記(1)以外の場合。

作業の留意事項

ア、なるべく作業を効率化し、長時間にならないようにする。
イ、マスク、ゴム手袋、ゴム長靴、長そでなどを着用する。
ウ、作業後は、手足、顔などの露出部分をよく洗い、うがいをする。
エ、作業後、室内に入る際には、靴の泥などを落とすとともに、服を着替えるなど、土、泥、チリ、ほこりなどを持ち込まない。

学校などにおける放射線量低減対策の実施状況 (平成24年2月24日更新)

市では、9月から10月にかけて実施した第4回目学校などにおける放射線量一斉測定の結果に基づき、測定高に関わらず毎時1マイクロシーベルト以上の個所について、土砂の入れ替えや高圧洗浄機による水洗浄などの低減対策を実施しています。
その実施状況をお知らせします。

対象

9月から10月にかけて実施した第4回目学校などにおける放射線量一斉測定を行った138施設中、毎時1マイクロシーベルト以上(測定高に関わらず)が測定された92施設を対象に実施しています。

低減方法

表層土の剥離、軒下などの砂利(土砂)の入れ替え、高圧洗浄機による表面の水洗浄などを実施しています。
なお、剥離または除去した土・砂利の処理については、「上下置き換え(天地返し)」「まとめて地下に置く」方法により当該施設内に埋設処理しており、その場所の放射線量は施設内の他の場所以下になっています。

実施結果

低減対策を実施した各施設の結果は次のとおりです。 【2月24日現在】
※今後、低減対策が終了し、結果がまとまった施設から順次掲載していきます。

※PDFファイルをご覧いただくためには「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでない人は、こちらからダウンロードしてください。

各施設の状況 〔各施設低減対策実施結果記録・平面図〕
一関地域

小学校

中学校

幼稚園

保育園

児童クラブ

無認可保育所

花泉地域

小学校

中学校

幼稚園

児童クラブ

無認可保育所

大東地域

小学校

中学校

保育園

千厩地域

小学校

中学校

幼稚園

保育園

児童館

東山地域

小学校

中学校

幼稚園

保育園

児童館

室根地域

小学校

中学校

保育園

川崎地域

小学校

中学校

保育園

児童クラブ

藤沢地域

小学校

中学校

※12月1日以後終了した施設の内容については、順次掲載予定です。
※PDFファイルをご覧いただくためには「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでない人は、こちらからダウンロードしてください。

問い合わせ先 

教育委員会 政策推進監