還付金詐欺と思われる不審電話に注意(更新:平成27年3月19日)

【通報内容】
3月19日、千厩地域において、「保険料の過払いがあったので、水色の封筒で通知を送っていた。」という電話があり、「あなたは誰ですか?」と聞くと電話を突然切られたそうです。

・今回の場合は、不審に思い、市役所に確認をしたため被害がありませんでしたが、他の事例をみますと、銀行の担当者を名乗る者に、携帯電話を持ち銀行やスーパー等のATMに行くよう誘導され、相手の指示に従いATMを操作してしまい、自分の口座から犯人の口座へお金を振り込んでしまうケースもあります。

【注意事項】
市役所が還付金等の支払いのためにATMの操作をお願いすることは絶対にありません。
・覚えのない「還付」の電話がかかってきたら、すぐ家族や警察、市役所に相談。
・振り込んだ後に気付いたら、すぐ警察に相談しましょう。

市役所職員を名乗る還付金詐欺と思われる不審電話に注意(更新:平成27年3月4日)

【通報内容】
3月3日、東山地域において、市役所職員ハシモトを名乗る男性から「平成20年~25年までの健康保険料28,600円の還付があり、前に通知している。手続きの期限が切れているのでお金が欲しかったら銀行名と口座番号を教えるように」との電話があった。銀行名等は調べないと分からないと答えたところ、一方的に電話を切られた。

・今回も被害はありませんでしたが、市職員以外にも金融機関や税務署等の職員を装って電話をかけてくることもありますので、ご注意を。

【注意事項】
市役所が還付金等の支払いのためにATMの操作をお願いすることは絶対にありません。
・覚えのない「還付」の電話がかかってきたら、すぐ家族や警察、市役所に相談。
・振り込んだ後に気付いたら、すぐ警察に相談しましょう。

市役所職員を名乗る還付金詐欺と思われる不審電話に注意(更新:平成27年2月24日)

【通報内容】
2月24日、一関地域において、市役所年金課ワタナベを名乗る男性から「医療費の還付が37,500円ある。振込先の金融機関を教えてほしい。」という電話があった。その後、信用金庫年金担当をかたる先ほどとは別の男性から電話があり、「還付金支払いのために〇〇銀行のATMへ行ってほしい。」と指示された。

・今回の場合は、不審に思い、市役所に確認をしたため被害がありませんでしたが、他の事例をみますと、銀行の担当者を名乗る者に、携帯電話を持ち銀行やスーパー等のATMに行くよう誘導され、相手の指示に従いATMを操作してしまい、自分の口座から犯人の口座へお金を振り込んでしまうケースもあります。

【注意事項】
市役所が還付金等の支払いのためにATMの操作をお願いすることは絶対にありません。
・覚えのない「還付」の電話がかかってきたら、すぐ家族や警察、市役所に相談。
・振り込んだ後に気付いたら、すぐ警察に相談しましょう。

市役所職員を名乗る不審電話に注意(更新:平成27年2月3日)

【通報内容】
2月3日、一関地域において、市役所職員を名乗る男から「保険の還付が3万円ある。あとで銀行から電話がある。」などという電話があった。

・今回の場合は、不審に思い電話を切ったので大丈夫でしたが、他の事例を見ますと銀行の担当者を名乗る者に、携帯電話を持ちスーパー等のATMに行くように誘導され、相手の指示に従いATMを操作してしまい、自分の口座から犯人の口座へお金を振り込んでしまうケースもあります。

【注意事項】
市役所が還付金等の支払いのためにATMの操作をお願いすることは絶対にありません。
・覚えのない「還付」の電話がかかってきたら、すぐ家族や警察、市役所に相談。
・振り込んだ後に気付いたら、すぐ警察に相談しましょう。