放射線量測定などのこれまでの主な取組み

第1回一斉測定(平成23年6月)

市立小中学校および私立を含む幼稚園・保育園、全111施設の校園庭の中央部1箇所の放射線量を測定 (測定高1m、50cm)

継続測定(平成23年7月~)

毎週測定  各地域1校(園)、公園2施設、社会体育施設1施設  
毎日測定 東西南北の各消防署(4署)

第2回一斉測定(平成23年7月)

全学校など(111施設)の雨水の集まる軒下や雨どいの排水口などを調査 (測定高1m、50cm)
※測定の結果、毎時1μsv以上(50cm)の施設について、低減対策を実施
萩荘幼稚園、萩荘小学校、萩荘中学校、清田小学校

第3回一斉測定(平成23年8月)

全学校などの放射線量の状況をより詳細に確認するため、測定箇所、測定高を増やし測定
測定箇所:屋外5か所のうち1箇所は砂場 屋内1箇所
測定高:屋外 1m、50cm、5cm  屋内 50cm

第4回一斉測定(平成23年9月~10月)

これまでの測定結果により、学校などの敷地内において、放射線量が局所的に高い値を示す場所を重点的に測定
測定高:屋外 1m、50cm、1cm
※測定の結果、毎時1μsv以上の施設について、低減対策を実施
92施設489箇所

第5回一斉測定(平成24年4月~5月)

これまでの測定結果により、学校などの敷地内において、放射線量が局所的に高い値を示す場所を重点的に測定
測定高:屋外 1m、50cm、1cm
※測定の結果、毎時1μsv以上の施設が34施設、49箇所について、低減対策を実施
面的除染対象と見込まれる平均空間線量が0.23μsv以上の校園庭が126施設中33施設で低減対策を実施

第6回一斉測定(平成25年4月~5月)

これまでの測定結果により、学校などの敷地内において、放射線量が局所的に高い値を示す場所を重点的に測定
測定高:屋外 1m、50cm、1cm
※測定の結果、毎時1μsv以上の施設が2施設、4箇所について、低減対策を実施
面的除染対象と見込まれる平均空間線量が0.23μsv以上の校園庭は116施設中、該当施設はなかった

第7回測定(今回実施:平成25年11月)

これまでの低減対策に伴う除染土壌等の埋設を実施した埋設箇所の放射線量測定と埋設地表面の状況について確認を行う
測定高:屋外1m、50cm、1cm
※測定の結果、0.23μsv以上の値を示す箇所はなかった。また、埋設箇所の異常も見られなかった

1 目的

 当市では、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う学校等の校園庭の放射線の状況把握と低減対策後のモニタリングとして一斉測定を行ってきている。
 今回は、校園庭等の低減対策後一年を経過する時期となっていることから、低減対策に伴う除染土壌等の埋設を実施した埋設箇所の放射線量と埋設地表面の状況について確認を行うとともに、第6回測定の際に、局所で1マイクロシーベルト以上の高い値が出た箇所についても放射線量の測定を行う。
 測定結果に基づき放射線量の高い施設、及び異状のあった箇所にあっては、必要な除染を実施し、子どもの被ばく線量のさらなる低減を図ることとする。

2 測定対象施設

市立の小中学校及び市立を含む幼稚園・保育所等の83施設

      (児童クラブ、無認可保育所、事業所内保育所も含む) 

    

小学校

中学校

幼稚園

保育園

へき地
保育園

児童館

児童クラブ・

無認可保育所など

合計

市立

私立

市立

私立

一関

10

8

4

 

1

1

2

 

2

28

花泉

7

1

1

1

 

2

 

 

2

14

大東

6

4

 

 

3

 

 

 

 

13

千厩

5

1

 

1

2

  

 

1

 

10

東山

2

1

 

 

 

 

 

1

 

4

室根

2

1

 

 

1

 

1

1

1

7

川崎

2

1

 

 

 

 

 

 

  

3

藤沢

2

1

 

 

1

     

 

4

36

18

7

11

3

3

5

83


 

 

3 測定

 (1)低減対策(埋設)実施個所の測定

(1)これまで実施した、ホットスポットの低減対策による除染土壌等の埋設を実施した箇所(79箇所)

(2)昨年度、校園庭の面的低減対策による除染土壌等の埋設個所 (33箇所)

(2)局所的なポイントの測定 (2施設 4箇所)

第6回測定の際、局所で1マイクロシーベルト以上の測定箇所

(3) 測定高(屋外)

小学校・幼稚園・保育園:地表面から50cm、1cm

中学校:地表面から1m、1cm

 

(4)測定期間

平成25年11月14日から11月27日

 

4 測定結果 

  (1) ホットスポットの低減対策に伴う除染土壌等の埋設を実施した箇所(79箇所)では、測定値が0.047~0.224マイクロシーベルトと、第6回測定値と比較し、特に高い数値が出た箇所はなく、低減傾向にある。また、埋設箇所の地表面における異状についても見られなかった。

 (2) 校園庭の面的低減対策による除染土壌等の埋設個所(33箇所)では、測定値が0.039~0.102マイクロシーベルトと、第6回測定値と比較し、特に高い数値が出た箇所はなく、低減傾向にある。また、埋設箇所の地表面における異状についても見られなかった。

 (3) 第6回測定の際、局所で1マイクロシーベルト以上の高い値が出た測定箇所(2施設4箇所)では、測定値が0.120~0.496マイクロシーベルトと、全ての箇所において、1マイクロシーベルトを下回る結果となった。

5  埋設箇所測定

※PDFファイルをご覧いただくためには「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

6  低減対策等

  • 今回実施した、測定箇所における低減対策を行わなければならない施設はなかった。