一関市では、公共用水域の保全と市民の生活環境向上を図るため、効率的かつ効果的な汚水処理施設の整備を進めています。
 整備事業の実施にあたっては、国の「社会資本整備総合交付金」を活用しております。
 この交付金は地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を活かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。
 また、「防災・安全交付金」は地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策などの取り組みを集中的に支援するため、平成24年度補正予算において創設されました。
 一関市の公共下水道事業においては、社会資本総合整備計画「一関市における循環のみちの実現」及び「一関市における循環のみちの実現」(防災・安全)を策定し、「下水道整備を行い、安全・安心・快適な暮らしを実現し、良好な環境を創造する」ことを目標として、計画的な下水道整備事業の実施と施設の適正管理に取り組んでいるところですが、平成22年度から平成26年度までに実施した社会資本整備総合整備計画の期間が終了しましたので、事後評価を実施し、その結果を公表します。

「一関市における循環のみちの実現」事後評価書 [2817KB pdfファイル] 

「一関市における循環のみちの実現」(防災・安全)事後評価書 [858KB pdfファイル] 

平成27年度から平成31年度までの計画はこちらを参照してください。