市営バスの料金を定額制に統一します

 

平成29年4月1日(土)から、市営バスの料金を定額制に統一します。

全ての地域で市営バスの料金を定額制にすることで、バス利用者の負担を公平にします。

【定額使用料】

区分 使用料
大人(中学生以上の者をいう。以下同じ。) 1人1乗車につき300円
小学生 1人1乗車につき100円
6歳以下(小学生を除く。) 無料

 

【回数乗車券使用料】

区分  使用料
一般回数乗車券








 
300円券


 
11枚綴り 3,000円
24枚綴り 6,000円
39枚綴り 9,000円
100円券


 
11枚綴り 1,000円
24枚綴り 2,000円
39枚綴り 3,000円
通学回数乗車券
 
大人 300円券 13枚綴り  3,000円

小学生

100円券 13枚綴り 1,000円

 ※回数乗車券はバスの車内でも購入できます。

 ※通学回数乗車券を購入の際は、学校に通学するものであることを証明する書類を提示していただく必要があります。

【定期乗車券使用料】 

区分 1の区間((1乗車に限る。)の使用料
1か月 3か月 6か月
通勤定期乗車券 12,600円 35,910円 68,040円
通学定期乗車券
 
大人 10,000円 28,500円 54,000円

小学生

3,300円 9,400円 17,820円

 ※通学定期乗車券を購入の際は、学校に通学するものであることを証明する書類を提示していただく必要があります。

 ※通勤定期乗車券および通学定期乗車券の片道定期乗車券の使用料は、この表に掲げる額に2分の1を乗じて得た額(当該額に10円未満の端数があるときは、10円単位に四捨五入した額)となります。

【使用料の減免】 

(1) 障がい者等は各使用料の3分の2が割引されます。

   定額使用料の場合  大人100円、小学生30円に割引

   減免を受ける際は、身体障がい者手帳等の提示が必要となります。

(2) 「乗継券」を発行し、市営バスの乗り継ぎ1回に限り、乗り継ぎ分は無料となります。

 【乗継券について】 

市営バスを乗り継ぐ場合は「乗継券」で乗り継ぎ分が無料になります。

 ※乗継券は当日限り有効です。最初のバスの料金支払い時に乗務員から受け取ってください。

 ※乗継券の発行を受けた以外の路線で使用できます。

【一部の民間バス路線も同じ取り扱いに】

市が補助する次の民間のバス路線も、市営バスと同じ取り扱いとなります。

運行事業者

路線名
岩手県交通株式会社 なの花バス

東磐交通株式会社

前沢線・一関線・竹沢線・夏松線・猿沢線
一関地区タクシー業協同組合 デマンド型乗合タクシー

 ※東磐交通株式会社が運行する前沢線及び一関線については、一関市内の乗降に限ります。

 

問い合わせ先

本庁まちづくり推進課 TEL 0191-21-2111(代)内線8672

または大東・千厩・室根・川崎・花泉支所地域振興課

市営バス(大東)については大東バスセンター TEL0191-72-2929

なの花バスについては岩手県交通株式会社一関営業所 TEL0191-23-4250