住宅取得・改修時の補助制度

空き家バンク登録住宅改修補助金

空き家バンクの利用を検討している方へ朗報です。
空き家バンクが、さらに、利用しやすくなります!
契約後に行う改修工事等の費用に対して、補助金を交付します。

※空き家バンクを利用できる方は市外から転入する予定の方になります。

補助対象者

  1. 所有者:空き家バンクに登録している物件の所有権を有する者であって、空き家の賃貸借契約を締結した者
  2. 入居者:所有者と賃貸借契約を締結し、空き家を貸借する者
  3. 取得者:所有権の移転(売買、贈与等)契約を締結し、空き家を取得した者

※賃貸借契約の場合は、申請できるのは所有者又は入居者のどちらか一方です。

補助対象住宅の要件等

空き家となって3年以上経過していること

補助金の交付を受ける際の条件

1.所有者の場合:
補助金の対象となった空き家について、補助金交付決定の日から3年以上空き家バンクの登録をすること
2.入居者の場合:
補助金の対象となった空き家に3年以上居住すること
3.取得者の場合:
補助金の対象となった空き家を3年以上所有し、居住すること

補助金の対象となる経費

空き家の改修工事等に要する経費及び空き家に残っている家具等の処分に要する経費(総額10万円以上の場合に限ります。)

実施期間

平成28年から

補助金の額

補助金の対象となる経費の1/2の額(1,000円未満は切り捨て)で上限20万円

※補助金の対象物件1件に対し一度のみの補助となります。
※移住者住宅取得補助金との重複申請が可能です。

例はこちら

申請から交付までの流れ

こちらのファイルをご覧ください。

用意していただく書類

申請に必要な書類は次のとおりです。なお、様式第1号から第4号までは、 このページからダウンロードできます。

様式第1号から第4号までの記入例はコチラ

提出書類 提出期日
当初申請
  • 空き家バンク登録住宅改修補助金交付申請書 (様式第1号
  • 空き家にかかる売買契約書又は賃貸借契約書等の写し
  • 住宅の登記事項証明書の原本
  • 改修等費用の明細書又は見積書(発行者の記名、捺印が必要)の写し
  • 改修等費用の内容が分かる図面(施工箇所の見取図等)
  • 住民票謄本
  • 前年度の納税証明書の原本(世帯員全員)
【申請者が入居者(賃借人)の場合】
  • 空き家バンク登録住宅改修補助金にかかる入居者利用同意書(様式第2号
賃貸借契約又は売買契約締結後、着工前
変更・廃止
  • 空き家バンク登録住宅改修補助金(中止、廃止)承認申請書(様式第3号
  • 改修等費用の明細書又は見積書(発行者の記名、捺印が必要)の写し
  • 改修の内容が分かる図面(施工箇所の見取図等)
変更(中止・廃止)の事由の生じた日から15日以内
請求
  • 空き家バンク登録住宅改修補助金請求書(様式第4号
  • 改修等費用の領収書(発行者の捺印が必要)の写し
  • 改修等の写真(着工前・完成時)
  • 住民票謄本(入居者又は取得者に限る。)
    ※申請時と同住所の場合は不要
工事完成から15日以内