一関市では「避難勧告等に関するガイドライン」の改定を踏まえ、災害時に市民等が避難情報の意味を直感的に理解し、避難行動が容易にとれるように支援するため、避難情報に警戒レベルをつけて発令します。
今後は、市民の皆さんが主体となった防災対策が必要です。「自らの命は自らで守る。」という意識を持ち、普段からの備えや心構えをお願いします。

開始時期

令和元年6月7日(金)

内容

避難勧告等を発令する際には、避難情報の前に警戒レベルをつけて発令します。
警戒レベルについては、下表のとおりです。

警戒レベル

避難行動等

避難情報等

警戒レベル5

既に災害が発生している状況です。命を守るための最善の行動をとりましょう。 災害発生情報 市が発令

警戒レベル4

全員避難

速やかに避難先へ避難しましょう。避難場所等までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

避難指示(緊急)

避難勧告

警戒レベル3

高齢者等は避難

避難に時間を要する人(高齢者、障がいのある人、妊婦、乳幼児など)は避難しましょう。その他の人は、避難の準備を整えましょう。

避難準備・

高齢者等避難開始

警戒レベル2

避難に備え、防災マップ等により、自らの避難行動を確認しましょう。

洪水注意報

大雨注意報

気象庁が発表
警戒レベル1 災害への心構えを高めましょう。 早期注意情報

 普段から知っておいていただきたいこと

  • 【警戒レベル5】災害発生情報は、可能な範囲で市が発令するものであり、必ず発令されるものではないことに注意してください。
  • 指定緊急避難場所等への立ち退き避難は、【警戒レベル4】避難勧告を基本とします。必ずしも避難指示(緊急)が段階的に発令されるとは限りませんので、注意してください。
  • 「命を守るための最善の行動」とは、指定緊急避難場所や避難所の場所、そこへ向かうための避難ルート、ルート上の危険な個所について確認し合いましょう。また、勤務先周辺の指定緊急避難場所等も事前に確認しておきましょう。
  • 気象情報や河川の水位情報は、インターネットやアプリ、メールといった情報ツールで確認することができます。いざというときに活用できるよう、普段から登録・確認しましょう。

警戒レベルに関するチラシ(内閣府「防災情報のページ」より)

警戒レベルに関するチラシ [7262KB pdfファイル] 

避難勧告等に関するガイドラインの改定(平成31年3月29日)

詳しくは、内閣府「防災情報のページ」をご覧ください。