幼児教育・保育の無償化の概要

 生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育の重要性や、幼児教育の負担軽減を図る少子化対策の観点から、幼稚園や保育所、認定こども園などを利用する3歳~5歳のお子さんと、0歳~2歳の市町村民税非課税世帯のお子さんの施設等利用料を無償化します。

開始時期

令和元年10月1日  

対象者・対象施設など

 保護者の方の保育の必要性やお子さんの年齢、利用する施設によって無償となる利用料の限度額が異なります。
 ご家庭の状況に合わせ、認定区分と無償化の対象施設などをご確認ください。

【参考資料】

  10月から幼児教育・保育の無償化が始まります [92KB pdfファイル]  

  より詳しい内容については、下記「幼児教育・保育の無償化の詳細」をご覧ください。

  幼児教育・保育の無償化の詳細 [100KB pdfファイル]  

無償化の対象となるための「認定」

 新制度移行幼稚園や保育所、認定こども園の通常の教育・保育にかかる利用料(保育料)は手続き不要で無償となりますが、「新制度未移行幼稚園」「新制度未移行幼稚園の預かり保育」「一時預かり(幼稚園型)」「認可外保育施設」などの利用料が無償となるためには、市から保育の必要性の「認定」を受ける必要があります。
 認定の申請に必要な書類は利用している施設で用意しているほか、下記の添付ファイルもご利用いただけます。
 なお、申請は利用している施設を通じて行ってください。

    子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書(一時預かり・認可外保育施設無償化用) [518KB pdfファイル] 

    保育の利用を必要とする証明書(一時預かり・認可外保育施設無償化用) [65KB pdfファイル] 

    保育所等利用申し込み等の不実施に係る理由書(認可外保育施設無償化用) [30KB pdfファイル] 

関連情報リンク

幼児教育・保育の無償化に関する国の情報は、幼児教育・保育の無償化はじまります。(外部リンク)をご覧ください。