新型コロナウイルス感染症の発生の状況に鑑み、厚生労働省から令和2年3月1日から令和3年2月28日の間に有効期間が満了する受給者を対象に有効期間の満了日を原則として1年間延長する措置が講じられました。

チラシ「自立支援医療(精神通院)受給者証をお持ちの方へ~新型コロナウイルスの影響による有効期間の延長について~」 [199KB pdfファイル] 

延長については、申請等の手続きは不要です。この場合、新たな受給者証は交付されませんので、お持ちの受給者証をそのままお使いください。

なお、新規に申請をする方、住所や健康保険者証の情報、医療機関など、お持ちの受給者証に記載されている内容に変更がある場合には、申請が必要です。

詳細や最新の情報は下記の岩手県のリンク先からご欄ください。

岩手県ホームページ「自立支援医療機関に係る新型コロナウイルス感染症に対する公費負担医療等の取扱い」(外部リンク)