新型コロナワクチンの有効期限が延長されました

新型コロナワクチンは、貴重なワクチンであり、これを無駄にせず、有効活用するため、ワクチンの有効期限が延長されました。

ファイザー社ワクチン

ファイザー社ワクチンは、令和3年(2021年)9月10日に、-90℃から-60℃で保存する場合の有効期間が、「6か月」から「9か月」に延長されました。

有効期限が令和4年(2022年)2月28日以前となっているワクチンは、有効期間が6か月という前提で有効期限が印字されていますが、有効期間が9か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととされています。

具体的な有効期限は、こちら(ロットNo.別ファイザー社ワクチンの有効期限)をご確認ください。

武田/モデルナ社ワクチン

武田/モデルナ社ワクチンは、-15℃から-25℃で保存する場合の有効期間が、令和3年(2021年)7月16日には「6か月」から「7か月」に延長され、同年11月12日には「7か月」から「9か月」に延長されました。

有効期限が令和4年(2022年)3月1日以前となっているワクチンは、ロットNo.3004733のワクチンを除き、有効期間が6か月であるという前提で有効期限が印字されています。また、ロットNo.3004733、000048A及び000049Aのワクチンは、有効期間は7か月であるという前提で有効期限が印字されていますが、有効期間が9か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととされています。

具体的な有効期限は、こちら(ロットNo.別武田/モデルナ社ワクチンの有効期限)をご確認ください。