経済産業省は、先般発生した新型コロナウイルス感染症により影響を受けている中小企業者への資金繰り支援措置として、セーフティネット保証4号を発動することを2月28日に決定しました。この措置により、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた中小企業者について、一般保証と別枠の保証が利用可能となります。

【経済産業省】新型コロナウイルス感染症に係る中小企業者対策を講じます(セーフティネット保証4号の指定)

セーフティネット保証4号について

売上高等が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の100%を保証する制度。

(参考資料)セーフティネット保証4号の概要 [203KB pdfファイル] 

認定要件
  1. 市内で1年以上継続して事業を行っていること。
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた後、直近1か月間の売上高又は販売数量(建設業にあっては、完成工事高又は受注残高。以下「売上高等」という。)が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同月に比して20%以上が減少することが見込まれること。
申請書類
法人
  1. 中小企業信用保険法第2条第5項第4号の規定による認定申請書(様式第4) [19KB docxファイル] 

  2. 最近3か月間の売上高及び前年同期の試算表の写し(売上高等を証明する書類の写し)

  3. 兼業者の場合は業種ごとの売上高等が確認できる資料

 4.登記事項証明書の現在事項全部証明書の写し又は履歴事項全部証明書の写し(3か月以内

    に発行されたもの)

個人
  1. 中小企業信用保険法第2条第5項第4号の規定による認定申請書(様式第4) [19KB docxファイル] 
  2. 最近3か月間の売上高及び前年同期の試算表の写し(売上高等を証明する書類の写し)

  3. 兼業者の場合は業種ごとの売上高等が確認できる資料

  4. 開業届、営業許可証等の営業をしていることが確認できる書類

留意事項
  1. 申請は商政課へお申込みください。また、認定は申請書の受付から数日を要しますのでご注意ください。
  2. 認定後、希望の金融機関又は岩手県信用保証協会一関支所へ認定書を持参のうえ、保証付融資を申し込むことが必要です。
  3. 本認定とは別に、希望の金融機関又は岩手県信用保証協会一関支所による融資の審査があります。

 

※令和2年5月1日より、認定書の有効期間は、令和2年1月29日から7月31日までに取得したものは、令和2年8月31日まで有効となることとなりました。令和2年5月1日以前に発行したものについては、再発行をせず、そのまま使用することができます。また、認定申請書を以前までは2部要求することとしていましたが、1部での提出も可能となりました。