1 目的              

 一関市では、新型コロナウイルス感染症の影響等により、原油価格及び物価高騰の影響を受けた農業者の農作物の生産及び営農継続を支援するため、農業者の経営規模に応じて給付金を給付します。

2 対象者

(1)市内に住所を有し、令和4年度に農作物を生産し、出荷販売を見込む農業者、集落営農組織、法人。

 ※ 作付、植栽または定植から収穫までに年数を要する農作物にあっては、収穫する年の出荷を見込む者とする。

(2)いわて平泉農業協同組合

 ※ 農業者のうち、いわて平泉農業協同組合(以下「JA」といいます。)に出荷を見込む者で、JAに出荷する農作物に係る給付金の取りまとめ及び給付を行う場合に限る。(同一の作物について、JAとJA以外の両方に出荷を見込む場合も、基本的にはJAが取りまとめます。)

3 給付金の金額 

  

農作物の品目

給付金の金額

1.水稲(主食用米)

作付面積10アールあたり1,500円

ただし、飯米相当分として、作付け面積から10アールを除くものとする。 

2.水稲(飼料用米、加工用米、WCS用稲) 

作付面積10アールあたり1,000円

3.麦、大豆、雑穀、そば、なたね 作付面積10アールあたり1,000円
4.園芸作物(加温園芸作物を除く) 作付面積10アールあたり5,000円
5.加温園芸作物 作付面積10アールあたり30,000円
6.加温菌床生しいたけ等 作付面積1アールあたり10,000円

 ※ 基幹作の作付面積に限ります。(二毛作の面積は対象となりません)

 ※ 農作物の品目区分ごとに作付面積に1アール未満の端数がある場合は、作付面積から切り捨てます。

 ※ 農作物の品目1、2の作付面積は、令和4年9月30日現在の水稲生産実施計画書兼営農計画書に記載された作付面積とします。

 ※ 農作物の品目3、4のうち、水田に作付した作物及び畑作物の直接支払交付金の対象作物の作付面積は、令和4年9月30日現在の水稲生産実施計画書兼営農計画書に記載された作付面積とします。

4 申請方法

(1)JAに出荷を見込む農業者等(JAから面積確認の書類が届いている方)

   ⇒ 申請手続きは不要です。(JAが取りまとめて申請し、JAから給付金が交付されます。)

  【農作物1~3】JAいわて平泉営農部営農振興課 電話34-4001

  【農作物4~6】JAいわて平泉営農部園芸課   電話34-4003

(2)(1)以外の農業者等

    ⇒ 市への申請が必要です。

   申請する方は、下記の書類(1~4)を一関市役所本庁農政課または各支所産業建設課へ提出してください。

   1.農作物生産緊急支援給付金給付申請書兼請求書(様式第1号)

      様式第1号[29KB docxファイル]  

   2.出荷販売を見込んでいることを確認する書類(いずれか1つ)                                                     

     ・今年産(または令和3年産)の出荷伝票又は販売証明書の写し

     ・今年産(または令和3年産)の契約書の写し

     ・今年産(または令和3年産)の精算書の写し

     ・令和3年の税務申告の書類(損益計算書、収支内訳書、決算書等)

     ・その他、出荷販売を見込んでいることが確認できる書類                  

   3.作付面積を確認する書類(いずれか1つ以上)

     ・令和3年の税務申告の書類(損益計算書、収支内訳書、決算書等)

      ※ 作付面積の確認できる記載がある場合

     ・水稲生産実施計画書(営農計画書)

      ※ 水田からの転作作物のみであり、畑地で農作物は栽培していない場合

     ・固定資産税の課税明細書

     ・賃貸借契約書

     ・その他、作付面積が確認できる書類

   4.振込先口座の通帳の表紙を開いた見開き部分の写し

5  申請受付期間

   令和4年10月31日(月)~ 令和4年12月28日(水) 

 申請書提出・問合せ先

 ・一関市役所本庁農政課 農作物1~3について水田営農係  電話:21-8426
             農作物4~6について畜産園芸係  電話:21-8427
 ・花泉支所産業建設課  電話:82-2908
 ・大東支所産業建設課  電話:72-4081
 ・千厩支所産業建設課  電話:53-3962
 ・東山支所産業建設課  電話:47-4523
 ・室根支所産業建設課  電話:64-3806
 ・川崎支所産業建設課  電話:43-3601 
   ・藤沢支所産業建設課  電話:63-5317