子どもたちに一関の「もち食文化」を伝えるため、1月25日~30日の間に給食を提供している市内全ての小中学校と摺沢幼稚園、平泉中学校でもち給食を実施しました。もち給食は平成23年度から毎年1回行っており、学校給食で「もち」を楽しく会食することで、子どもたちが一関地方に伝わる「もち食文化」を知り、地域に関心を持ち、理解を深める機会にしようと行っているものです。

また、市長は毎年、子どもたちと一緒にもち給食を会食し、一関のもち食文化の素晴らしさを子どもたちに伝えています。今年は舞川中学校の全校生徒と会食をし、生徒による「もちランキング」や一年を通じたもち料理の紹介をとおして、楽しくお雑煮を味わいました。

もち1もち2

もち5もち3

地域に伝わる色々なもち料理に理解を深めました

ぞうにえびもち