一関市立小中学校は、新学期から授業を再開します。

 学校では「3つの密」を避けるための取組の徹底を図るなど、細心の注意を払いながら教育活動を行ってまいります。

 ただし、感染に係る状況は日々刻々と変化していることから、随時状況を判断したうえで対応を決定します。

1 入学式(入園式)の対応

市で統一するもの

(1)式を簡素化すること

(2)来賓出席は無しとすること

(3)告辞や祝辞は文書配布とすること

(4)発熱症状、体調不良の状況にある幼児、児童生徒、保護者、教職員は参加しないこと

園長、校長が判断するもの

(1)在校生の参加

(2)保護者の参加

(3)幼児、児童生徒代表あいさつ

(4)予行を含む練習の取り扱い

(5)その他

その他

(1)幼児、児童生徒・教職員に感染者が出た場合は休校(休園)措置とし、入学式(入園式)は中止とすること

(2)市内に感染者が出た場合は、休校(休園)等の措置を別途検討する予定であり、入学式(入園式)の実施についても検討を要すること

 

2 修学旅行の対応

 各学校において検討を進めているところですが、下記を基本として検討するよう学校へ通知しました。 

中学校について

 4月実施を計画していた学校については、延期するなど変更中です。

〈判断の視点〉

(1)旅行先での感染を回避し、感染リスクに最大限配慮した環境の中での実施が望ましいこと

(2)今後、現在以上の感染状況も想定しうる中で、早めの延期判断により混乱を最小限に抑えること

(3)生徒、保護者の感染に対する不安に配慮すること

小学校について

 6月に予定されている修学旅行は、小学校ごとに秋へ変更中です。

 

3 学校行事

  各校校長判断で実施可とします。簡素化も視野に感染状況などを踏まえ判断します。

 

4 部活動

 4月4日以降は通常どおり(週1回と日曜日の休養日設定は従来どおり)とします。短めの時間設定から徐々に慣れさせるなど配慮をお願いしています。

 4月中は部活動での大会参加、練習試合などは自粛をお願いします。

 

5 保護者の方へお願い

1 外から帰った時やトイレの後、食事の前後など、こまめに手洗いをすること。

2 戸外での活動であっても、次の3つの条件の場は避けること。また、3つの条件が重なる場は絶対に避けること

(1)換気の悪い密閉空間

(2)多数が集まる密集場所

(3)間近で会話や発声をする密接場面

3 毎朝自宅で幼児、児童生徒の体温を検温及び風邪症状がないか確認すること

4 次のような症状があった場合は、学校・幼稚園を休ませ、自宅で休養させること

(1)幼児、児童生徒が37.5度以上の発熱がある場合

(2)幼児、児童生徒が強いだるさ(倦怠感)息苦しさ(呼吸困難)がある場合

(3)風邪の症状がみられる場合

5 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日間以上続いているときは、「帰国者・接触者相談センター」に相談すること

 「帰国者・接触者相談センター」

 ◆一関保健所 受付時間9時~17時(平日)

   電話 0191-26-1415

 ◆岩手県庁医療政策室感染症担当 24時間受付

   電話   019-651-3175

   ※FAXでも受付をしています

   FAX 019-626-0837

6 手作りマスクの作成・使用について

 市販のマスクが入手困難であることから、手作りマスクを作成して対応することも可能です。

 ○マスクの作り方(文部科学省ホームページ「子供の学び応援サイト」内)

 

 6 県外から転入学される児童生徒の保護者の皆様へ

  感染者が多数発生している地域から転入学する児童生徒の皆さんについては下記の通りご協力をお願いします。

(1)「実際に一関市で居住を開始した日から2週間」自宅待機

(2)発熱(37.5℃以上)かつ呼吸器疾患があるかについて経過観察