一関市立いずみの森幼稚園

    正門から見える園舎    丘から見える園舎と堰堤

目次

園の紹介…教育目標、特色ある教育活動、園児数、沿革等について紹介します。
教育活動…各種行事や園生活の様子をお知らせします。
お知らせ…園報「いずみの森」を掲載します。 (PDF)
行事予定…今年度の年間行事予定を掲載しています。(PDF)
重要事項説明書…本園に入園するときの重要な説明です。(PDF)

幼稚園紹介

教育目標、特色ある教育活動、園児数、沿革等について紹介します。
1 教育目標
 心身ともに健康で豊かな知性(感性、探求心)をもつ子どもの育成のため、計画的に環境構成を行い、幼児期にふさわしい豊かな生活体験を通して、社会性、自主性を身に付けるとともに、一人ひとりの自己実現を図りながら生きる力の基礎を培う。
(1) よく聴きよく考え工夫する子ども
(2) 仲良く遊び思いやりのある子ども
(3) じょうぶでたくましい子ども 


2 特色ある教育活動 

(1)幼小(幼稚園と小学校)連携の推進
 本園創立の翌年(平成12年)より幼小連携の取り組みを始めて今年度で19年目になります。これまで平成16年と平成18年に公開保育研究会を開催。平成19年と平成21年に研究成果を発表しています。
次のア、イは、毎年一関市立永井小学校さんと連携して取り組んでいる活動です。
ア 毎年6月下旬から7月上旬に5歳児(年長組)が永井小学校を訪れ、同校のプールで2年生と一緒に水遊びを楽しみます。(写真は平成30年7月12日実施の様子)
   プール交流1   プール交流2
イ 毎年11月中旬頃、5歳児(年長組)が永井小学校を訪れ、1年生の案内で学校探検をします。理科室や音楽室、保健室など幼稚園にない教室が子供たちにとっては驚きの連続です。                   

(2) 「華松苑」さんとの交流
「華松苑」は本園のすぐ隣にある介護老人保健施設で、夏と冬の年2回交流をしています。
ア 4歳児(年中組)が1週間ほどかけた作った飾りを「華松苑」に持参し、おじいちゃん、おばあちゃん達の前で「七夕」や「園歌」などを歌って七夕交流を深めてきました。(写真は平成30年6月28日訪問の様子 )
   華松苑交流1   華松苑交流2
イ 2回目の交流は平成30年11月21日(水)の予定で、5歳児(年長組)と3歳児(年少組)が「華松苑」を訪れ、「おゆうぎ会(11月17日実施予定)」で発表する歌やダンスを披露することにしています。

(3)幼年消防クラブの取組
幼年消防クラブを結団し地域の組織に加盟したのが本園創立の平成11年。4歳児学級になると入団することになっている本園では、毎年6月1日に関係者を招いて入団式を行い防火意識を高めることにしています。
今年度は、一関南消防署の副署長さんと一関市消防団花泉第2分団長さんのお二人をお招きし、4歳児(さくら組)の入団式を行いました。幼年消防クラブ用の法被と豆絞りの姿になった子供達が「カチッ、カチッ」と拍子木を打ちながら入場、「火遊びしません、火事になったら119番」と元気な声で防火の誓いをしました。(写真は平成30年5月31日の様子)
   幼年消防クラブ入団式1   幼年消防クラブ入団式2
 
(4)新しい「ことばの時間」の実施
毎日の保育活動の中に「ことばの時間」を位置付け、語彙の豊かさ、ことばの感性、心の豊かさを育むことを目指した活動に取り組んでいます。はじめに良い姿勢づくりをして気持ちを落ち着け集中力を高めます。次にことわざ「笑う門には福来る」や俳句「五月雨を降り残してや光堂」などを声に出して読み、ことばの響きを味わったりリズムに親しんだりします。最後にことば遊び(かるた、百人一首、しりとりなど)を通して友達や先生と楽しみます。もちろん、絵本の読み聞かせもこれまで以上に行います。昨年度から市立の幼稚園、こども園、保育園で行っています。
   ことばの時間1   ことばの時間2
   
(5)預かり保育の開始
昨年度から始まった「預かり保育」、降園(午後1時30分)してから午後6時まで行っています。預かりは、常時預かり(通年または月単位の預かり)と随時預かり(1日単位の預かり)の2通りがあります。常時預かりの申し込み期限は利用したい月の前月25日まで、随時預かりは利用したい日の3日前までとなっています。なお、利用できるお子さんは本園に在園する園児となっています。


3 園児数・学級数

         学年

           3歳児

        4歳児 

           5歳児

           計  

          男

         6

         3   

          4 

    13

          女

         3  

      5  

          3 

    11

            計            

         9     

         8 

          7

    24   

        学級数   

         1 

      1 

       1 

     3

※ 平成30年5月1日現在


4 沿革

平成11年4月

 花泉町立いずみの幼稚園として創立

平成11年10月

 幼年消防クラブを結団
平成12年4月  幼稚園と小学校との交流・連携を開始

平成15年4月

 岩手県教育委員会と花泉町教育委員会による就学前教育と小学校教育の連携研究(2年)の指定を受ける

平成16年10月

 指定による幼小連携の公開保育を実施
平成17年9月  7市町村合併により一関市立いずみの森幼稚園となる
平成18年7月

 一関市教育委員会・両磐公立幼稚園研究協議会指定による公開保育「幼稚園教育から小学校教育への学びの接続」

平成19年1月  岩手県国公立幼稚園教育研究大会で「幼小連携のあり方」を発表
平成21年1月

 岩手県教育研究発表会で「人と関わる力を育てる保育」について発表

平成28年4月

「ことばの時間」の取り組みを開始

平成29年4月   「預かり保育」を開始
平成29年10月   一関市教育委員会・一関地区公立幼稚園研究協議会指定による公開保育「保育でつながる家庭・地域・幼稚園」

5 園歌・園章

 (1) いずみの森幼稚園歌(阿部日登美 作詞・千葉洋子 補作、小野紘輝 作曲)
  一、
   みどりの森の 風やわらかく
   あしたの夢を うたう声
   空までとどけ 元気にひびけ
   いずみの森 幼稚園

  二、
   広がる水に うつるわた雲
   仲よくつなぐ みんなの手
   いっしょに歩こう はげまし歩こう
   いずみの森 幼稚園
 
  三、
   桜の花が なんども咲いて
   大きくなるよ ぼく わたし
   思い出たくさん みんなでつくろう
   いずみの森 幼稚園 

 (2) いずみの森幼稚園章
   園章
   「自然(森)の中に、いずみ(泉)がこんこんと涌くわが花の町の幼稚園」を表したものです。

目次へ

教育活動

各種行事や園生活の様子をお知らせ
1 祖父母参観
    7月4日(水)、たくさんの祖父母の皆さんに参加していただき、子供たちと一緒に七夕飾りを作った後、笹に飾り付けました。その後、祖父母の皆さんには1学期の子供たちの様子についてのスライドを見ていただきました。
  祖父母参観1    祖父母参観2     

2 園にある遊具の紹介
 本園には野菜作りの畑を含め16の遊具や活動する場所があります。
  (1)ロング滑り台    (5)たいや跳び    (7)登り棒
      ロング滑り台               タイヤ跳び              登り棒

  (2)鉄棒    (3)丸太のつり橋    (4)砂場(大)
        鉄棒                丸太のつり橋              砂場(大)

  (6)ブランコ     (8)ジャングルジム    (9)築山 
       ブランコ              ジャングルジム              築山

  (10)ぞうの滑り台    (11)きのこの滑り台    (12)うんてい
      ゾウさん滑り台          きのこのつり橋と滑り台           うんてい
  
  (13)砂場(小)    (14)ミニ雑木林    (15)丸太小屋
        砂場(小)             ミニ雑木林               丸太小屋
 
  (16)おイモの畑
       おイモの畑

3 子供たちが頑張っていること
子供たちが頑張っていることが5つあります。1.気持ちの良い挨拶をしよう 2. 遊んだ後はきちんと片付けをしよう 3.履き物を脱いだらきちんと揃えよう 4. 遊んだ後や活動をした後は手洗い・うがいをしよう 5. 最後まで静かにお話を聞こう の5つです。幼稚園だけではなく家でもできることを選んで取り組んでいます。家で靴をそろえたり食後の片付けを手伝ったりする姿が多くなってきましたと連絡帳に書かれくることが増えています。下の写真は園のお手洗いの「サンダル」とその前の「なか靴」の様子です。(左から3歳児、4歳児、5歳児の順)
  3歳児の履き物揃え   4歳所の履き物揃え   5歳児の履き物揃え
  

4 園庭に鳥が卵を産みました。親鳥が10日ほど卵を温めていましたが・・・
5月11日(金)朝、園に来てみると、園庭の真ん中に楕円形のきれいな小石が4個置いてあるのを見つけました。でもよく見るよ鳥の卵です。砂粒よりも大きめの小石がきれいに敷き詰められ少しくぼんでいます。子供たちに知らせるとみんな駆け寄ってきてじっと見つめます。それから毎日卵の観察が始まりました。親鳥が雨の日でも羽を少し広げるようにしてじっと動かず温めているのも目にしました。10日ほどたったある朝見ると卵の殻が散らばっていました。2・3日前からカラスが巣の近くを跳んでいるのが見えていたので、子供たちが少し心配していましたがいましたが、残念ながらあたってしまいました。自然界の中で生きることの厳しさを感じとったのではないかと思います。
  園庭に卵を産んだ1   園庭に卵を産んだ2
    
目次へ

お知らせ

校報「いずみの森」を掲載します。 (PDF)
H30 園報4月号 [137KB pdfファイル] 
H30 園報4月号-2 [133KB pdfファイル] 
H30 園報5月号 [144KB pdfファイル] 
H30 園報6月号 [163KB pdfファイル] 
H30 園報7月号 [131KB pdfファイル] 
H30 園報夏休み直前号 [132KB pdfファイル] 
H30 園報9月号 [120KB pdfファイル] 

本園は平成30年度末をもって閉園いたします。本園は平成11年4月、旧花泉町の永井、高倉、油島、蝦島、亥年、老松、日形の各町立保育園を統合し花泉町涌津字悪法師地内に開園、20年の長きにわたり地域の皆様に支えられながら幼児教育に当たってまいりましたが、今年度末をもって閉園することになりました。現園舎と園庭は、社会福祉法人 洗心福祉会 涌津保育園さんに引き継がれ、認定こども園となる予定です。

 目次へ

行事予定

今年度の年間行事予定を掲載しています。
H30 園暦 [84KB pdfファイル] 

 

重要事項説明書

本園に入園するときの重要な説明 です。
H30 重要事項説明書 [298KB pdfファイル] 

 

 

 

 

 

 

目次へ