一関・平泉バルーンフェスティバル実行委員会(実行委員長:(一社)一関市観光協会長 佐々木賢治)において実施した、平成24年度から30年度(11月1日現在)までの熱気球係留体験搭乗会及びボランティアスタッフ講習会の実施状況を取りまとめました。詳しくはこちらのPDFファイルをご覧ください。⇒20181105-163438.pdf [69KB pdfファイル] 
 熱気球は天気に左右されやすいため一定の搭乗者数を見込むことは困難ですが、過日開催した一関・平泉バルーンフェスティバルの観覧者数が過去最高の12万人となったことも踏まえ、今後も積極的に市内外への普及啓発等を行っていきます。