R01秋季展ポスター

芦東山記念館R01秋季展ポスター.pdf [4173KB pdfファイル] 

期間
  令和元年10月12日(土曜日)~12月15日(日曜日)
  ※無料開館日 10月12日(土曜日):展示初日
         10月22日(火曜日):即位礼正殿の儀に伴う慶祝事業
         11月2日(土曜日)4日(月曜日・振替休日):東北文化の日推進事業に参加する日
         11月3日(日曜日・祝日):文化の日
 
内容
私たちの暮らす岩手にはたくさんの山があります。古くから山は、人間の生活領域の境となったり、人々の畏れや信仰の対象になったりしたほか、温泉や観光地としても親しまれてきました。芦東山は詩歌の中に、郷里の室根山を大変好んで詠みました。本展では、岩手山や室根山など多くの人が目にして訪れた「ふるさとの山」について県指定文化財の盛岡藩家老席日記『雑書』や絵図、観光案内本などを交えて紹介します。
時間
9時~17時まで(ただし入館は16時30分まで) 

関連行事

兼平賢治氏特別講演会「家老席日記『雑書』にみる盛岡藩の自然と動物」

日時

 11月23日(土曜日・祝日) 13時30分から15時

講師
東海大学文学部 准教授 兼平 賢治 氏
(岩手県文化財保護審議委員
 紫波町文化財調査委員・大槌町文化財保護審議委員)
 
会場
芦東山記念館ホール
料金等
参加無料、申込不要