平成30年7月23日 受け付け

ひとことの内容

一関水泳プールの貸切予定をインターネットに公開してほしい。
7月22日(日)に子ども(小6、小3)を市民プールに連れて行ったが、25mプールが貸し切られていたため、幼児用プールと足の届かない50mプールで泳がせた。
事前に貸切情報が提供されていれば別の計画を立てることができた。併せて、休日の全面貸切は受け付けないようにしてほしい。

回答

「市長へひとこと」をお寄せいただき、ありがとうございました。
お寄せいただきました一関水泳プールの貸切予定情報について、インターネットでの事前の情報提供が不足していたのはご指摘のとおりであり、ご迷惑をおかけいたしました。
一関水泳プールの管理を行っている一関市体育協会に確認したところ、7月22日(日) 午前10時から11時30分まで、一関市体育協会主催のジュニア水泳教室を開催しており、25mプールの全コースを使用しておりました。
また、教室開催のため、25mプールが利用できないことのお知らせは、プールの玄関や受付に張り出していましたが、一関市体育協会のホームページには操作誤りにより掲載されていませんでした。

市といたしましては、多くの市民の皆様に気持ちよく利用していただくためには、利用者の立場に立ったサービスの提供が大切であると考えており、今回の貸切情報が結果として事前に周知されていなかったことを深く反省し、今後は一関市体育協会とともに次のとおり対応を徹底いたします。

水泳教室や強化練習、大会使用等のために一般利用者の利用を制限する必要がある場合は、事前にプール玄関や受付に表示することはもとより、一関市体育協会のホームページ(トップページ「お知らせ」)上に、利用制限があることを確実に掲載します。
なお、「休日の全面貸切は受け付けないように」とのご提言ですが、子どもを対象としたジュニア水泳教室や市民水泳大会等は学校等の休業日に開催する必要があることから、そういった行事の際は利用制限をせざるを得ず、一般利用者への開放は行事終了後となる場合がございます。
その際には上記の対応を徹底するとともに、一般利用者の利用制限は最小限とするよう対応してまいりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

平成30年8月6日
一関市長  勝 部  修