平成30年10月12日 受け付け

ひとことの内容

いわゆる「置き勉」の可否に対する教育委員会の考えは。

回答

「市長へひとこと」をお寄せいただき、ありがとうございました。
学校における指導については、教育委員会の所管となっており、教育委員会から下記のとおり回答いたします。

一関市教育委員会では、児童生徒が何を持ち帰り、何を学校に置くこととするかについては、各学校が学校や地域の実態を考慮して判断するものと捉えております。
判断にあたりましては、ご意見をいただきましたとおり、健康・安全への配慮が必要であり、児童生徒の発達段階や学習上の必要性、通学上の負担などを保護者とも連携しながら考慮していくことが大切であると考えます。
市内各小中学校へは、平成30年9月11日付けで通知しているところですが、あらためて本件について校長会議の場で取り上げ、必要に応じて適切な配慮を講じることを指導してまいります。

今後も児童生徒の健全育成に向け、安全で安心な教育環境づくりを進めてまいりたいと考えておりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

平成30年10月24日
一関市教育委員会
教育長 小 菅 正 晴