総務省の地域おこし協力隊制度を活用して委嘱する「一関市農村地域づくり活動支援員」を以下のとおり募集します。

募集人数

  2人

応募要件 

 次に掲げるすべての要件を満たすことが必要です。

 (1)年齢:おおむね20歳以上50歳以下の方

 (2)性別:問いません
 (3)3大都市圏または地方都市等(過疎、山村、離島、半島などの地域に該当しない
          市町村)から一関市に住民票を異動し居住できる方
 (4)普通自動車運転免許を有している方
 (5)一般的なパソコン操作が出来る方(Word,Excelなど)
 (6)農村地域での活動に意欲的に取り組める方

 活動内容

(1)農村地域活性化モデル支援事業に取り組む団体への支援
    自らが市内の農産物や伝統文化等の地域資源を活かした6次産業化や都市農村交流
  等の地域活化活動を行う。
  一関市の独自事業「農村地域活性化モデル支援事業」に取り組む団体の目標や課題
  を共有し、支援を行う。
       例) 地域の課題や資源を洗い出す話し合いの場での支援、加工品開発に向けた支援、
    イベントの企画や運営、情報発信の取組、地元青年農業者との西洋野菜産地化
    に向けた活動等
(2)任期終了後を見据えたスキルアップ
    3年の任期終了後に一関に定住し、新たな取組をスタートできるよう、自らのスキ
  ルアップを行う。
    例)起業講座への参加、まちづくりに関する研修への参加 等
(3)その他一関の地域づくりに関するイベントへの支援・従事
    例)もち食推進会議の委員としての参加、市や関係機関が主催する各種地域活性
              化イベントの手伝 等

勤務地

 一関市役所農政課(一関市竹山町7-2)
 一関市役所千厩支所産業経済課(一関市千厩町千厩字北方174番地)
 

採用形態

 農村地域づくり活動支援員(非常勤特別職)として一関市長が委嘱します。
 

委嘱期間

 勤務地 令和元年10月1日から令和2年3月31日
 ※以後年度末に継続の意思を確認のうえ更新します。(最長3年)
 

勤務時間

 原則、月曜から金曜までの週5日勤務、時間は1週間につき29時間以内とします。
 定められた時間以外に勤務する場合もありますが、その場合は勤務時間の割振り変更をし、勤務時間の調整を行います。
 

報酬

 月額 208,000円  ※時間外手当、昇給、賞与の支給はありません。

待遇及び福利厚生

(1)健康保険、厚生年金、雇用保険に加入
(2)有給休暇あり
(3)住居の確保と家賃(概ね4万円)の全額補助を行います。
   ※家財道具や光熱水費は自己負担となります
(4)活動に要する車両、パソコン、スマートフォン、通信端末は貸与し、車両燃料費
      及び通信費は市が負担します。
(5)その他活動に必要な消耗品等については予算の範囲内で市が用意します。
(6)委嘱期間終了後に一関市に定住するための活動として行う副業については、市長
      が認める場合に行うことができます。
    ただし、副業は所定の届出を行ったうえで勤務時間外に行うこととします。
 

応募手続

(1)応募受付期間
    令和元年8月1日(木)~令和元年8月31日(土)
(2)提出書類
    ・履歴書    ※添付した市の様式を使用してください。
    ・志望動機用紙 ※任意様式
    ・自己PR用紙   ※任意様式
(3)提出方法
    郵送または持参により下記提出先に提出してください。
 

選考方法

(1)一次選考 書類審査
   応募受付終了後、書類選考を行い、合否の結果を文書で通知します。
(2)二次選考 面接
    一次選考合格者を対象に面接を行います。
    合否の結果は文書で通知します。
     面接日:令和元年9月6日(金)※随時対応いたします。
     場 所:一関市役所
                           ※ 面接会場までの交通費は自己負担とさせていただきます。

応募書類の提出先・問合せ先

   〒021-8501 岩手県一関市竹山町7-2
    一関市役所 農政課農政企画係 
    Tel:0191-21-8421 E-mail:nosei@city.ichinoseki.iwate.jp