全国市長会 2日目 R元.6.12

全国市長会議2日目です。
東北市長会長の谷藤盛岡市長が全国知事会の用務と重なっしている部分を私が東北市長会長代理として、東北ILC推進協議会、北海道東北知事協議会、東北県議会議長協議会、東北市長会の4団体への要望活動(説明)にあたっています。
早朝7時30分からキャピトルホテル東急にて国会議員連盟幹部及び自民党ILC誘致実現 連絡協議会への要望。この席には関係省庁の幹部職員も出席しており、4団体代表から要望内容について説明しました。
その後8時から、ホテルニューオータニに移動して岩手県選出国会議員への県内各市からの要望、意見交換でしたが、前の要望会があったため遅れて出席。9時半に終了後朝食(1時間半遅れのため冷めたご飯で残念でした)
10時から同じホテルニューオータニで全国市長会議が開催されました。前半部分だけ出席し11時から国土交通省へのILC要望活動。森昌文事務次官が対応してくれました。
午後も引き続きILC関係の要望活動で、13時45分に首相官邸へ。安倍首相はこの日イランへフライトのため菅官房長官の対応でした。
続いて15時20分から文部科学省研究推進局長の磯谷氏に。昨日に続いての連続の要望になりました。

010613010613010613

全国市長会 1日目 R元.6.12

全国市長会が開会中です。
会議の合間を縫って東北市長会議・岩手県市長会合同での関係省庁への要望活動を行いました。
内閣府では中根一幸副大臣(13:30)。文部科学省では磯谷桂介研究振興局長(14:05)。復興庁は安藤裕大臣政務官(14:30)の対応でした。
その後「市長フォーラム2019」に出席(15:30講師は大石久和氏)と続きました。
明日は早朝からILC関係で国会議員連盟幹部への要望(7:30)、県選出国会議員との行政懇談会(8:00)、全国市長会議(10:00)、午後はILC関連の要望活動が13:40から夕方まで続きます。

010612010612010612

兵庫県赤穂市からの視察 R元.6.11

一関市と友好都市の関係にある兵庫県赤穂市から民生委員・児童委員のみなさんが視察に来られました。
忠臣蔵でお馴染みの赤穂市とは毎年開催される「忠臣蔵でサミット」を通じて様々な交流が行われています。一関国際ハーフマラソンと赤穂シティマラソンの選手相互派遣、災害時の相互応援、観光物産など。
歓迎の挨拶で、浅野内匠頭御切腹(終焉の地)としての御縁のほかに、寺崎吉右衛門と一ノ関の関係などに触れ、今後の両市の友好交流が深まることを期待しました。

010611

岩手ペタンクオープン大会 R元.6.8

「岩手ペタンクオープン大会」が一関運動公園多目的広場で8~9日の日程で開会、来賓として挨拶、始球式を行いました。
ペタンク競技は金属球を目標に近づけるように投じるもので私は今日の始球式がまったくの発体験。役員の人に投げ方の説明を受けての始球式でしたが運良く目標に当たり、皆さんの歓声をいただきました。

010608010608

「修紅短期大学協力会」の令和元年度総会 R元.6.8

この協力会は修紅短大卒業生の地元就職を支援するため昭和60年に発足し今年で35年目を迎えます。卒業生の岩手県南・宮城県北への就職は80%を超えています。
また、同短大は地元企業との連携も活発で、オリジナル弁当の開発・販売、タッチベル演奏のボランティア活動、夏まつりへの積極参加、県民体育大会(女子バレーボール)での活躍など地域に密着した取組も特徴です。今年3月には市との間で地方創生に関する連携も締結、今後様々な分野で連携を深めていきたいと思います。

010608

第9回 総合教育会議 R元.6.7

平成27年に新設した「総合教育会議」が9回目の会議を迎えました。教育委員会という従来の括りにとらわれずに、より大きな括り・視点で首長と教育委員の方々が意見交換できることは素晴らしいことと受け止めています。
一関市の総合教育会議は年2回の開催で、これまで、読書活動の推進、就学前からの家庭教育、放課後の子ども対策、先人や歴史・文化の理解促進、子どもたちの体力、グローバル化に対応した教育環境の整備、人口減少社会における学校教育・社会教育、子どもを育む地域文化の伝承、そして今回は「学校と地域のつながり」のテーマで、ゲストスピーカーのお話をもとに、人口減少の中で学校が地域とどのように関わっていけばいいか意見交換をしました。
ゲストスピーカーは、山目小学校PTA会長の石津幸輝さん、本寺地区神楽の佐藤ひろのさん。
また、昨日(6日)は河川関係団体の総会も開催され、本年度の事業計画・予算を議決、今後の整備促進について国への要望活動を行うことも決定いただきました。
 ●北上川上流改修期成同盟会総会
 ●一関遊水地事業促進協議会
河川関係の当初予算は岩手河川国道事務所分でみると、昨年度の約1.5倍。防災・減災、国土強靭化のための3ヶ年緊急対策により治水事業の予算が増額になっています。

010607010607
010607

鬼の手会 設立15周年記念式典・祝賀会 R元.6.5

東京での要望活動を終え、次の用務地仙台へ移動。
「鬼の手会 設立15周年記念式典・祝賀会」に来賓として出席(祝辞)。
「鬼の手会」は岩手県内での勤務経験を持つ方々の会で、別名「勝手に岩手を応援する会」と呼ばれています。三陸鉄道や平泉世界文化遺産登録、岩手への観光客誘致など熱心に支援協力いただいており、最近は国際リニアコライダーの早期実現を取組の柱に据えて協力をいただいております。この日は達増岩手県の知事も招かれ、県の総合計画について講演を行いました。

010605

ILC誘致に関する要望活動 R元.6.4

始発の新幹線で上京。国際リニアコライダーの誘致に関する要望活動を行っています。岩手県南、宮城県北地域の県境を挟んだ自治体や経済団体が一体となって、自民党本部(河村建夫国会議連会長、二階俊博幹事長、萩生田幹事長代行、甘利知財戦略調査会長)への要望です。一関市・平泉町ILC実現を熱望する住民の会佐藤会長からは先月24日に大東町大原で開催した推進大会の決議書が河村会長に手渡され、地元の熱意が伝えられました。

010604010604

森は海の恋人植樹祭 R元.6.2

31回目となるイベントが今年も一関市室根町のひこばえの森を会場に開催されました。今や世界的にも注目される植樹祭で、全国各地から大勢のみなさんが植樹をしました。
その後、隣の小梨地区で開催されている『黄金山キャンプ場びらき』に駆けつけました。黄金太鼓やジャック5(地元エレキバンド)の演奏お楽しみ抽選会など和やかに楽しみました。黄金山山頂までのトレッキングもお誘いをいただきましたが今回は「豚汁」の誘いに負けてしまいました。
このキャンプ場の近くには「一杯清水」という湧水があります。

010602010602010602

2020東京五輪の聖火リレールートの概要が発表 R元.6.2

2020東京五輪の聖火リレールートの概要が発表され、岩手県内は来年6月17日から19日まで3日間で、一関市は3日目のスタート地点に選ばれました。
昨夜、コメントを求められ次のようなコメントを出しました。
『平和の象徴であるオリンピックの聖火を繋ぐ一員に選ばれたことを嬉しく思う。
「都市鉱山からつくるみんなのメダルプロジェクト」の提案都市としてこれまで市民とともに取り組んできたことがこのような形に繋がったのならたいへん嬉しい。...
また全国の「芭蕉サミット」の構成自治体で奥の細道コースを聖火リレーコースに加えるよう要望してきたこともあり、平泉町とともに当市が選ばれたことも嬉しく思う』

7団体の「合同総会」に出席 R元.5.31

終日にわたって市が加盟する団体の「総会」への出席でした。
午前中は盛岡での関係7団体の会議に出席。
岩手県道路利用者会議、岩手県都市計画協会、岩手県河川海岸協会、 岩手県治水砂防協会...
岩手県防災協会、岩手県道路整備促進期成同盟会、岩手県高規格幹線道路整備促進期成同盟会
以上7つの団体がそれぞれ評議委員会などを開催し、総会に提出する議案を審議。
これに引き続いて7団体の「合同総会」が開催されました。以前はそれぞれ個別に開催されていたので首長の日程調整は難儀をしたようです。
終了後、東北国道協議会の通常総会に出席のため宮城県大崎市へ移動。
通常総会には会員の市町村長、議会議長などが出席。
来賓として国会議員、県議会議員のほか、国側からは国土交通省東北地方整備局長はじめ各国道事務所長が出席。
講演会、各協議会からの意見発表、意見交換会と続く長時間の総会です。
20190530-1120190530-12

「北東北」「南東北」「中東北」 R元.5.30

「北東北」「南東北」で売り出す戦略があるのなら 、『中東北』という括りがあってもいい。
栗原市(宮城県)、登米市(同)、一関市(岩手県)、平泉町(同)。今、この4つの自治体が県境を意識しない連携を強めていますが、まさに『中東北』の核になるエリア(通勤・通学圏、医療圏、文化圏)。
それぞれの頭文字をつなげて『栗登一平』という名前で様々な分野で政策の目盛りを合わせて地域の活性に取り組んでいます。
20190530-01

筑波の高エネルギー加速器研究機構(KEK)を訪問 R元.5.29

一関工業高等専門学校の校長先生や学生とともに、筑波の高エネルギー加速器研究機構(KEK)を訪問、ILC加速器の主要装置研究開発の現場を視察し担当研究者と意見交換をしました。
中でも超伝導加速空洞の研究開発部門では現状について時間をかけて説明を受け理解を深めました。
20190529-1120190529-1220190529-13

「夕暮れ時はさびしそう」の発車メロディーに送られて R元.5.29

一ノ関駅8時9分発。
N.S.Pの「夕暮れ時はさびしそう」の発車メロディーに送られて、今日はつくば市の高エネルギー加速器研究機構(KEK)を訪問します。
一関高専の学生も一緒です。
一関高専在学中に生まれたこの「夕暮れ時は・・・」と現役の一関高専学生と高エネ研(ILC)が一本の線で繋がった一日になりそうです。
20190529-01

一関夏まつり実行委員会総会 R元.5.28

一関夏まつり実行委員会総会が開催され、令和元年の夏まつりの事業計画が承認されました。
事実上の夏まつり出陣式です。
新元号最初の夏まつり。一関が熱い!
岩手県民体育大会、岩手県障がい者スポーツ大会に出場する一関選手団の結団式がおこなわれました。
今年も市長日程調整をしてできるだけ多くの競技種目の激励のため足を運びます。
20190528-1120190528-1220190528-13

本日の来客 R元.5.28

春の叙勲で旭日小綬章を受章した元一関市議会議員の岩渕一司さんが受章の報告に来庁されました。
旧室根村議を含め8期の議員活動のほか、一関市と友好関係にある全国の都市との調整にも大きな貢献をされました。
さらには、「室根」地区と北海道の「根室」地区の逆さま漢字の縁による友好交流促進も岩渕さんが会長を務める団体を中心に始まっています。
受章おめでとうございます。
一関合唱連合会が、同会加盟の17団体の協力により集まった震災復興支援の義援金をお持ちになりました。
一関地域の合唱団17団により構成され、一関合唱祭の主管団体になっています。ありがとうございます。
20190528-0120190528-02

全国治水既成同盟会連合会総会 R元.5.27

全国治水既成同盟会連合会の総会が東京で開催され、役員(監事)として出席しました。
平成30年度決算について監査報告。
治水関係の国予算は増額確保ができてます。
20190527-0120190527-02

東日本学生体操競技選手権大会 R元.5.25

「東日本学生体操競技選手権大会」が一関市総合体育館で開催されています。
開会式で開催地の市長として選手・役員のみなさんに歓迎と激励。一関市の提案により実現した「都市鉱山からつくる みんなのメダルプロジェクト」についても話題提供し、この大会の出場選手から多くのオリンピック選手が誕生するよう期待を込めての挨拶となりました。
若い学生たちの動きは「躍動」そのものです。

一関商工会議所女性会の定時総会 R元.5.23

午前中に来客対応の後、一関商工会議所女性会の定時総会に来賓出席し祝辞を述べました。
昼は内外情勢調査会岩手県南支部懇談会。講師は日本ペップトーク普及協会代表理事の岩崎由純氏で、スポーツの試合本番直前などに監督やコーチなど指導者が選手を元気づける短い言葉についての話で、「PEP」は「活気、元気、活力」という意味ですから、試合本番直前の「激励のショートスピーチ」「前向きな背中のひと押し」ということで、組織社会の様々な場面で参考になるような貴重なお話でした。その後、「登米市国際リニアコライダー誘致推進協議会」の通常総会に来賓出席し祝辞、国動向などについてお話しさせていただきました。
20190523-0120190523-02

岩手地区国道協議会総会 R元.5.22

午前に予定されていた磐井川への「鮎の稚魚放流」事業は昨日までの雨による増水のため中止になりました。
午後は「岩手地区国道協議会総会」と「岩手県内道路意見交換会」が盛岡市内のホテルで市長村長が出席して開催されました。
意見交換会・・・市町村長側からの意見だけで予定時間が経過して「意見交換」には遠く及ばないものになってしまったのは( ´△`)でした。
私の発言概要は次のようなものでした。
一関市は岩手県の最南端で宮城県と接し、県境を挟んで日常生活圏を構成している。
国道4号、456号、392号、284号、栗原北上線、本吉津谷川線など両県にまたがる道路があるが、県境付近の道路整備は進んでいない。
道路が住民の暮らしを守るものということなら、「日常生活圏、県境」というものを重視した施策をたてるべきではないか。
20190522-0120190522-0220190522-03

地元企業などを訪問し要請活動 R元.5.21

来春の「新規高等学校卒業者」を地元企業で採用していただくよう、一関商工会議所、平泉町商工会をはじめ地元企業を訪問して要請活動を行いました。
一人でも多くの高校新卒者の地元就職を実現して、地域産業人材として定着するよう採用する側の企業も含めて支援していきたいと思います。
20190521-0120190521-0220190521-03

職員研修(市長講話) R元.5.20

4月2日に新採用職員へ講話。4月19日に管理職職員。そして今日は中堅職員。
今年は年度の初めに終えることができました。
今日のテーマは「地方創生への挑戦」。なぜ今地方創生なのか、どうすればいいのか、職員それぞれが自分のこととして課題認識をもって考えてもらいたいという思いを込めての75分でした(予定を15分オーバー)。
20190520-0120190520-0220190520-03

栗駒山山開き R元.5.19

『栗駒山山開き(安全祈願祭)』が須川ビジターセンター(岩手県側)といわかがみ平(宮城県側)でそれぞれ行われました。
栗駒山周辺の市町村長が頂上でパフォーマンスを、という当初計画があったのですが調整できず、頂上まで登山したのは「いわかがみ平コース」(一関市からは高橋副市長が参加)で、「須川コース」では一関市長、同佐藤副市長、栗原市の高橋部次長、湯沢市の佐藤副市長、東成瀬村の佐々木副村長などが出席して安全祈願祭、餅つき、名残ケ原周辺の散策が行われました。
須川温泉からの中央コースについては、昭和湖付近の硫化水素ガスが観測されたため、昭和湖を通過する須川コースを通行止めとし、当分の間「産沼(うぶぬま)コース」を迂回路としました。
なお産沼コースは残雪が例年より多く中央コースに比べて所要時間も長くなるので今回の山開き登山は散策にとどめた次第です。
20190519-0120190519-0220190519-03

県市町村課の小原由香総括課長が来庁 R元.5.17

県市町村課の小原由香総括課長が来庁、地域の抱える様々な課題について意見交換指せていただきました。その後、決裁待ち書類の処理や来週月曜日に予定されている研修(講話)の資料確認、教育委員会との協議などを済ませて、「県南広域圏首長懇談会」に出席のため奥州市に向かいました。
花巻市、遠野市、北上市、西和賀町、金ヶ崎町、奥州市、平泉町、一関市の8市町と県南広域振興局長が一堂に会し、振興局の施策の説明を受け、若者の地元定着、スポーツと観光の掛け合わせによる交流人口増加などについて意見交換。
20190517-0120190517-02

第40回道路整備促進既成同盟会全国協議会通常総会 R元.5.16

「第40回道路整備促進既成同盟会全国協議会通常総会」、「命と暮らしを守る道づくり全国大会」が開催され、全国の市町村の92%を超える自治体の出席者(1,600人)で会場は身動きできないほどになっています。
このあと、各県ごとに一斉に衆参の議員会館に向かい、それぞれ県選出国会議員に対して要望活動を行いましたが、全国大会会場から議員会館までの約700メートルの歩道は、各県の東京事務所職員がかかげる「のぼり旗」を先頭にした大陳情団の行列。
議員会館に入るまでに1時間もかかってしまいます。
毎年、春と秋にこのような「行事」があります。
20190516-0120190516-0220190516-03

15日の公務 R元.5.15

中小企業基盤整備機構東北本部の杉村均本部長が挨拶のために来庁され、中小企業を取り巻く情勢などについて情報交換をしました。
その後、盛岡に移動し「第174回 東北市長会議総会」に出席しました。
従来、東北市長会の会長は仙台市長が務める慣例でしたが、仙台市が政令指定都市でもあり全国他地域の例に倣って各県持回り方式を採用し昨年秋の会議で会長は岩手県、青森県、秋田県・・・と時計の逆回りで務めることになり、その最初の会長が岩手県市長会長の谷藤盛岡市長と決定され、昨日の東北市長会総会の議長を務めました。
今回の総会でも国際リニアコライダーの早期実現を求める特別決議を提案(平成24年から毎回特別決議として提案、決議されてきています)、私から提案理由の説明をさせていただきました。
説明の最後には「次回の秋の会議では特別決議という形ではなく、政府の誘致方針決定を受けて、皆様からの協力に御礼する形となるよう最大限の努力をする」と付け加え、満場の賛同をいただいて特別決議として決定されました。
20190515-0120190515-0220190515-03

一関市民憲章推進協議会総会 R元.5.14

「一関市民憲章推進協議会総会」が開催され、来賓出席して日頃の各構成団体の取組に感謝し、市政の課題について今後の方向性についてお話しをさせていただきました。(写真1枚目)

「盛岡地方気象台」の安齋良悦台長と近年の気象動向や緊急時における連絡連携について情報の共有を図りました。
安齋台長は宮城県大崎市(鳴子)の出身、前任地は日本の南端の気象台の南大東島気象台で、気象庁に入って最初の勤務地が盛岡ということです。(写真2枚目)

「特定非営利活動法人大又溜池保全会」(花泉町大又地区)に対して設立認証書を交付しました。
東北新幹線のトンネル工事に伴い湧水が生じ、周辺の小規模の溜池をあわせて整備をした歴史の重みのある溜池山王です。(写真3枚目)
20190514-0120190514-0220190514-03

『金色の風』の田植え行事 R元.5.13

金ヶ崎町六原のほ場で、岩手県オリジナル水稲新品種の『金色の風』の田植え行事が達増県知事を迎えて開催されました。
これに先だって地元の一関市、平泉町、奥州市の関係者は中尊寺本堂での豊作祈願祭に臨みました。
20190513-0120190513-0220190513-03

第9回スポーツウェルネス吹矢 岩手県大会 R元.5.12

この週末は快晴に恵まれて、家々の庭先の花が競いあって鮮やかな彩りをみせてくれています。
今日の最初の公務は『第9回スポーツウェルネス吹矢 岩手県大会』で、平成27年度から毎年一関市を会場に開催される県大会になっています。
今年4月に競技名が従来の「スポーツ吹矢」から「スポーツウェルネス吹矢」に変更されたことで大会名称も上記のようになりました。
平成28年のいわて国体では、デモンストレーション競技としてスポーツ吹矢が一関市を会場に開催され、毎年の県大会に続いて東北大会も一関市を会場に開催されています。
このようなことが市民の関心を高めているものと思います。
年齢的にも体力的にも、さらには健常者でも障がい者でも同じルールで競え合える競技だと思います。
そこに今回、名称に「ウェルネス」を加えたことは新時代のスポーツとしての意義も大きく、積極的に賛同したいと思います。...
このスポーツウェルネス吹矢がオリンピック、パラリンピックの公開競技に、そしてやがては正式種目になることを願って気運を高めていきたい、と挨拶。
開会式後の「試技(矢)」では、3本とも的の中央寄りの部分を射て一安心。

午後の公務は、広域行政組合主催の「環境学習講演会」に主催者として出席。
同組合と市では、ごみ焼却施設と最終処分場の新施設を設置する準備を進めていますが、市民のみなさんに廃棄物処理の問題と環境問題について関心をもっていただくため講演会を開催しました。
講師は東京大学の環境エネルギー科学部門客員准教授の松本真由美先生。
大勢のみなさんに聴講いただきました。
プラスチックごみが地球環境に深刻な影響を与えていることや、廃棄物処理施設の動向など詳しく事例を紹介しながらお話しいただきました。
20190512-0120190512-0220190512-03

ぼたん しゃくやく祭り R元.5.11

花と泉の公園(花泉町)で
『ぼたん しゃくやく祭り』の 開花セレモニーが行われました。
ぼたんの花は早咲きのものが開花していますが全体でみると2割程度の開花で、来週後半からが見頃を迎えます。
期間中は様々なイベントもあって、今日も多くの観光客で賑わっていました。駐車場には宮城ナンバーの車両が目立ちます。
今の時期は赤色系、紫色系のぼたんの花が鮮やかに花を開いています。
ぼたん園内で焼いているピザが美味しい。
ぼたん、ベコニアの鉢植えなども売っています。地元の陶芸家の作品展(販売)も。
レストランでは「もちバイキング」が人気です。ドックランで愛犬と楽しんでいる人も多くいました。フラガールの踊りもありました。
20190511-1120190511-1220190511-13

一関市長杯小学生女子ソフトボール大会 R元.5.11

連休明けと同時に行事満載の予定表を睨みながらの慌ただしい週末を迎えています。
今日最初の対応行事は「一関市長杯小学生女子ソフトボール大会」でした。
2連覇を達成して県代表として全国大会出場の大東ブルースターズをはじめ、どのチームが優勝してもおかしくないレベルの高い大会になりそうです。
挨拶では「オリンピック東京大会の次の次、8年後の2028年のオリンピックを目指してほしい。一関からオリンピック選手を出したい。やればできる」と激励。
少子化の影響で参加チーム数が減少気味ではありますが、この大会は新チームとして最初の大会となります。
20190511-0120190511-02

「令和」初の上京 R元.5.9

昨日(9日)は「令和」初の上京。
全国治水既成同盟会連合会の春季理事会への出席。
昼時間に国際リニアコライダー関係者との情報交換。
国土交通省に寄り元一関市副市長の平山大輔氏(3月まで群馬県庁、4月から国交省大臣官房付となり水管理国土保全局勤務)とお会いしてきました。
平山さんは「今でも自分は一関市の東京駐在員だと思っています」と語ってくれています。ありがたいことです。
14時半過ぎの新幹線で帰路に。
17時10分一ノ関着、駅に待機していた市長車で千厩町に移動し、建設業協会千厩支部定時総会懇談会に来賓出席し祝辞と市政の現況についてお話ししました。
続いて同じ千厩町内で開催されている一関市PTA連合会定期総会に来賓出席し、祝辞と市の子育て支援施策についてお話ししました。
20190510-120190510-2

平泉「義経東下り行列」 R元.5.7

連休中、Facebookの調子が悪く投稿できませんでした。FBも連休をとっていただきました。
3日の平泉「義経東下り行列」は快晴の下で大勢の観客に喜んでもらえたようです。
行列本番の写真はそこそこに、なかなかアップされることのない場面を載せたいと思います。
行列の最後尾で頑張っているスタッフです(御食事中の人には申し訳ありません)。
この日以外にも春まつり開会式とか、交通安全祈願祭とか、緑の募金街頭での呼び掛け、東日本高校女子バレーボール大会、エフエムラジオ番組出演など「ほどよく」行事が散りばめられていて負担感のない連休でした。
今朝の「庁議」で幹部職員に対して、
「4月に新体制でスタートした組織で1ヶ月が計画、10連休も終わった。
いよいよ今日からが実質的な新年度だ。段取りよく物事を進めることが幹部職員としての役割だ」と檄!

20190503-2