総務省の地域おこし協力隊制度を活用して委嘱する「一関市農村地域づくり活動支援員」を以下のとおり募集します。

募集人数

  2人

応募要件 

 次に掲げるすべての要件を満たすことが必要です。

 (1)年齢:おおむね20歳以上50歳以下の方

 (2)3大都市圏または地方都市など(過疎、山村、離島、半島などの地域に

   該当しない市町村)から一関市に住民票を異動し居住できる方

 (3)普通自動車運転免許を有している方。もしくは、着任までに普通自動

   車免許を取得可能な方

 (4)一般的なパソコン操作が出来る方(Word,Excelなど)

 (5)農村地域での活動に意欲的に取り組める方

 (6)活動期間終了後に一関市において起業・就業し、定住を視野に入れ、

   考えている方

 活動内容

(1)西洋野菜栽培(西洋野菜の産地化)

    南部農業技術開発センターを拠点として、西洋野菜の産地化に向けた

   イベントや研修会などの企画、運営や若手農業者を中心とした西洋野菜

   生産者との連携活動、飲食店と生産者との橋渡し支援、新規販路開拓に

   向けた営業活動など

(2)地域ブランド開発・PR・販路拡大に向けた取組み

    農村地域活性化モデル支援事業に取組む団体の活動支援、地域特産品

   の開発支援、商品化に向けた支援や仕組みづくり、市内外へのマーケ

   ィング、地域外のイベント企画・運営

(3)ホームページ作成、SNSなどを活用した情報発信

(4)その他一関の地域づくりに関するイベントへの支援・従事

    例)市や関係機関が主催する各種地域活性イベントの手伝 など

勤務地

 南部農業技術開発センター(一関市花泉町金沢字有壁沢19番地4)
 一関市役所農林部農政課(一関市竹山町7番2号) 

採用形態

 農村地域づくり活動支援員(会計年度任用職員)として一関市長が委嘱  

委嘱期間

 令和2年11月1日から令和3年3月31日 
 ※ 最長3年間(令和5年10月31日)を限度に再度の任用を行う場合があります。

勤務時間

 原則、月曜から金曜までの週5日のうち、25時間とします。
 定められた時間以外に勤務する場合もありますが、その場合は勤務時間の割振り変更をし、勤務時間の調整を行います。

給与・諸手当

 月額 170,838円(その他手当、期末手当、通勤にかかる費用弁償など)  

 ※ 昇給および退職手当の支給無。また、社会保険料などの本人負担分が

  控除されます。

待遇・福利厚生

(1)雇用保険、公務災害補償、健康保険、厚生年金に加入
(2)有給休暇あり
(3)住居の確保と家賃(4万円を上限)の補助を行います。
   ※家財道具や光熱水費は自己負担となります
(4)活動に要する車両、パソコン、携帯電話、通信端末は市が貸与すること
  も可能です。
    車両燃料費や通信費は予算の範囲内で市が負担します。
(5)その他活動に必要な消耗品などについては予算の範囲内で市が用意しま
  す。
(6)委嘱期間終了後に一関市に定住するための活動として行う副業について
  は、市長が認める場合に行うことができます。
    ただし、副業は所定の届出を行ったうえで勤務時間外に行うこととしま
  す。
 

応募手続

(1)応募受付期間
    令和2年6月25日 木曜日 から 令和2年8月31日 月曜日
(2)提出書類 ※ページ下部の「募集要項など」からダウンロードしてください。
   ・ 応募用紙   
   ・ 働き方提案書 
(3)提出方法
    メール送付により「応募書類の提出先・問合せ先」に送付して
  ください。
 

選考方法

(1)一次選考 書類審査
   応募受付終了後、書類選考を行い、合否の結果を文書で通知します。
     審査日:令和2年9月8日 火曜日
(2)二次選考 面接
    一次選考合格者を対象に面接を行います。
    合否の結果は文書で通知します。
     面接日:令和2年9月26日 土曜日
     場 所:一関市役所
               ※ 面接会場までの交通費は自己負担とさせていただきます。

応募書類の提出先・問合せ先

   〒021-8501 岩手県一関市竹山町7-2
    一関市役所 農政課農政企画係 
    Tel:0191-21-8421 E-mail:nosei@city.ichinoseki.iwate.jp

募集要項など

 地域おこし協力隊募集要項 [28KB docxファイル] 

 地域おこし協力隊(応募用紙) [23KB docxファイル] 

 地域おこし協力隊(働き方提案書) [72KB pptxファイル]