令和元年度から、地域農業マスタープランの実質化が求められており、実質化されたマスタープランについて、「人・農地プランの具体的な進め方について」(令和元年6月26日付元経営第494号)に基づき、公表いたします。

 

  農林水産省ホームページ http://www.maff.go.jp/j/keiei/koukai/hito_nouchi_plan.html

1.地域農業マスタープランとは

農業者が話し合いに基づき、地域における農業について中心的な役割を果たすことが見込まれる農業者(中心経営体)、当該地域における農業の将来のあり方などを明確にするものです。


2.なぜマスタープランの実質化なのか?

・これからの農業を担っていく人材を確保していくためには、安定した所得を確保していくことが重要です。
 そのためには、「誰が地域農業を担っていくのか」「誰に農地を集積・集約化していくのか」を地域の皆さんで十分に話し合って決めていくことが必要です。
・農地の出し手と受け手が特定されている農地が、50%を満たない地区については、特に、近い将来の地域のあり方を話し合っていくことが重要です。

 

3.実質化されたマスタープラン

  厳美13区地域農業マスタープラン [574KB pdfファイル]