新型コロナウイルス感染症対策特別委員会を設置

 新型コロナウイルス感染症拡大による市民生活及び地域経済への影響と対策に関する調査を行うため、特別委員会を設置しました。

  1.  設置年月日 令和2年4月30日
  2.  設置の根拠 地方自治法第109条及び委員会条例第5条
  3.  調査期間  調査が終了するまで閉会中も継続して行うことができる
  4.  委員の定数 全議員
  5.  委員長   槻山 隆(つきやま たかし)
  6.  副委員長  沼倉 憲二(ぬまくら けんじ)

 

小委員会を設置

 新型コロナウイルス感染症対策特別委員会に次の小委員会を5月22日に設置しました。

  総務小委員会(委員長 千葉幸男、副委員長 門馬 功)

  産業建設小委員会(委員長 佐藤浩、副委員長 佐藤敬一郎)

  建設小委員会(委員長 橋本周一、副委員長 菅野恒信)

  教育民生小委員会(委員長 千田恭平、副委員長 菅原巧)

 

新型コロナウイルス感染症に係る緊急要望を市長に提出

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、市民生活は深刻な影響を受けています。

 一関市議会では、新型コロナウイルス感染症対策特別委員会で、市が緊急に対応すべき事項を取りまとめ、一関市議会として市長に要望しました。

 

 議長から市長へ要望書を手交しています

 要望書を市長に提出

 市長に提出した要望の内容は、次のとおりです。

 新型コロナウイルス感染症対応に対する市への要望書(令和2年5月8日).pdf [110KB pdfファイル]