計画の策定について

 一関市行財政改革推進審議会

 市の行財政改革の推進を図るため、一関市行財政改革推進審議会を設置しています。

 この審議会は、知識経験者など民間委員15人以内で組織し、市長の諮問に応じ、行財政改革の推進に関する重要事項について調査及び審議を行います。

 市では、令和3年度を初年度とする第4次一関市行政改革大綱・集中改革プランの策定を行うため、同審議会に諮問し、これまで3回の会議及び書面による協議を行いました。

 令和3年2月2日、同審議会から市長へ答申書が提出されましたので、答申を踏まえて計画を策定してまいります。

   

 ● 答申書(一関市行財政改革推進審議会).pdf [91KB pdfファイル]   

 

 第4次一関市行政改革大綱・集中改革プラン

 総合計画後期基本計画(令和3年度~7年度)の取組を着実に推進するため、第4次一関市行政改革大綱・集中改革プランを策定しました。

 この計画に基づき、引き続き行政改革の推進に取り組んでまいります。

1 目指す方向

 「市民との協働や民間活力の活用により、質の高い行政サービスを持続的に提供」

2 計画期間

  令和3年度~7年度(5年間)

3 基本方針

 (1) 協働によるまちづくりの推進 (4項目)

 (2) 職員と組織の最適化     (7項目)

 (3) 事務事業、公共施設の見直し (20項目)

 (4) 財政運営の健全化      (14項目)

 (5) ICT(情報通信技術)の活用 (8項目)

 ※( )内は、集中改革プランの改革実施項目数(計 53項目)

 

 ● 第4次一関市行政改革大綱・集中改革プラン.pdf [925KB pdfファイル]  

 

 ※PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。