平成30年11月10日(土)一関市民センターを会場に、「もったいないクッキング教室」を開催しました。
 これは、市の食品ロス削減の取り組みの一つで、参加者の皆さんにご家庭で食べられるのに捨ててしまっているものがないか、食品ロスをなくすためにはどうしたらよいかなどを考えていただきながら、食材を上手に食べきる参考となるお料理を学んでいただくことを目的とした事業でした。
 講師に野菜ソムリエ上級proの千田広子さんをお迎えし、食材やお料理を食べきるための上手な冷凍の仕方、お料理を作る際の材料の使い方やコツなど、講義のほか調理実習中にも大変参考になるお話を伺い、参加者へのアンケートでも、ほとんどの方から大変満足したとの感想をいただきました。

講師写真グループワーク料理説明

調理中実食中料理全体

今回の教室で調理したレシピ

 今回の教室に参加いただけなかった皆さんにも、ぜひ参考にしていただけるようレシピをご紹介します。 
 もったいないクッキング教室11月10日 レシピ [228KB pdfファイル] 

1 ほうとう(山梨の郷土料理)

2 煮なます(ならえ 徳島の郷土料理)

 1,2は同一食材から調理方法によって味も食感も違う料理に展開させる使い切りレシピです。

3 鶏と皮付きポテトの照り焼き風

 ジャガイモを皮付きでおいしく食べられるレシピです。

4 まるごとピーマンのエチュベ風

 農家で時期的にたくさん収穫されるピーマンを簡単においしく食べられるレシピです。
 ※今回の教室では作りませんでしたが、旬のピーマンを種を含め丸ごと食べられるレシピとなっています。

5 りんごのりんごジュース煮

 少し食べごろが過ぎてしまったりんごをおいしく食べられるレシピです。