一関市では、令和3年度までに平成26年度を基準年として、一人1日当たりのごみの排出量の10%減を目指しています。

 この目標は、一人1日当たり102g(きゅうり1本程度)のごみを減量することで達成できます。

 燃やすごみのうち11%が生ごみです。生ごみは重量の半分以上が水分を占めています。

 生ごみを減量することがごみの減量に大きく関わってきます。

 生ごみの減量の参考に、減量方法の紹介の冊子を作成しました。

 参考にしていただき、生ごみの減量にご協力をお願いいたします。

   生ごみを減らしましょう ~生ごみ減量方法の紹介~ [1496KB pdfファイル]